19th Ave New York, NY 95822, USA

疲れは足元から防げ~NHKアインシュタインの眼|2010/9/12放送

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

2010年9月12日(日)に放送された、 NHKアインシュタインの眼。

疲れは足元から防げ!

と題した靴の特集でした。

とても興味深く拝見しました。

靴の特集『疲れは足元から防げ!』内容

スケルトンの靴の中で、足はこう動く!

最初のテーマは、

 ・ゆるくて履きやすい靴
 ・ちょっとキュッと足を締めてくれる靴

どちらが歩きやすい靴か?という検証。

スケルトンの靴を使いながら、 歩く時の足の動きをスーパーカメラが追います。

結果は、理想的。キュッと足を締めてくれる靴 の方が、疲れにくい、正しい歩き方のフォームができている、 ということが証明されていました!

靴によって、足指の動きがここまで変わる!

緩い靴は、靴の中で足指がまったく動いていませんでしたよ!
衝撃的なほどでした。

これでは、足指を鍛えることは叶いません。

対して、キュッと締め付ける靴は、足指が動く!動く!

イモムシのごとく、地面をつかみ、蹴りあげを繰り返していました。

「足指ってこんなに動くんだ!足指を鍛えるって、意外と簡単?!」

と、改めて驚きました。

これは、足囲をキュッと締めた方が、

靴の中で足の横アーチがしっかりできているから

なんですね。

裸足の状態では確認したことがありましたが、 靴の中の状態が見られて、本当に勉強になりました。

横アーチを

緩い靴とワイズを締める靴を比較すると、こんな感じです。

・ゆるい靴=開張足状態のまま、靴に足をいれるから、足は疲れます
・足囲を締める靴=横アーチを矯正、テーピング機能をしてくれます

として、改めて納得。

靴が体の一部となって、サポートしてくれていたら、楽に決まっていますよね!

 

疲れにくい靴づくりは、自分の足をしっかり知ることから始まります。

 

Related Posts