19th Ave New York, NY 95822, USA

踵が小さいからどの靴も踵が脱げる人の歩きやすい靴にする方法

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

靴に重きをおいたサロンにしてから、3ヶ月ほど。

お客さまからのお悩みメールは、靴に関するものが増えています。

「かかとが細すぎて、靴がパカパカして脱げてしまう。
 アンド・ステディさんの靴は、かかとが小さいですか?」

特に踵に関する質問が、とても多いと感じます。

多くの女性が感じている踵が脱げる問題

実際に足の測定をしても、皆さま、本当に

踵が小さい

ですね。

だからこそ、足トラブルを招いて、当店にお越しくださるのでしょう。

そして、こうゆう実感がなかったら、パンプスを開発しなかったかもしれません。

アンド・ステディの木型は踵の細い足がモデル

お客さまたちのご質問には、

「はい。かなり小さなおつくりになっています。
 当店は、踵の小さな木型を削るところからはじめたんですよ

サロンのお客さまのペドカルテを基にしてますから
。」

とお伝えしています。

当店の木型は、踵:ワイズの比率が、普通の靴とは明らかに違います。

木型屋さんから、

「こんなに踵、削っちゃっていいんですかー?」

という電話を何度も受けましたから(笑)

踵が細い木型は、踵が脱げにくい

結果、当店の靴は、踵が脱げにくいと言えます。

ただ、「絶対」脱げないとは言えないんです。

びっくりするほど細い踵さんもご来店されますし。
外反足という、踵の骨が傾いている骨格の崩れもありますし。
歩行のクセで踵を広げてしまうこともありますし。

ですから本当は、踵が脱げる原因を探るところから始めるのが理想です。

歩きやすい靴は、踵が脱げない靴

でも、

「踵が脱げない!!!踵がついてくる~!歩きやすい!!!」

とお客さまがおっしゃった時は、小さくガッツポーズしています^^

なんと言っても、靴は踵で履く、ものなのですから。

かかとは本当に、本当に大切なのです。

歩きやすい靴は、踵が脱げない靴、と言ってもいいかもしれません。

靴を買うときは、踵のフィット感で選ぶこと

少し踵が脱げそうな靴を買ってしまった、としたら。

「インソールで調整しよう!」

そう考える方もいらっしゃるかもしれません。

でも、最近流行のフィッティングをよくしてくれるインソール。

唯一調整できないところがあります。それは、、、

踵の大きさの調整

これは残念ながら、できません。

インソールが万能というわけではないのです。

インソールを入れれば、靴が何でも履けるようになるというのは、幻想です。

だから、靴を買うときのポイントは、踵のフィット感が最優先だと考えてください。

ワイズはある程度、調整が効きますから。

歩きやすい靴をきちんと選ぶためには、まず、足に合う靴の体感が必要なのです。