19th Ave New York, NY 95822, USA

パンプスで足が痛いときの対処法

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

「試着して購入したのに、いざパンプスを履いて出かけてみると痛い……」

という話はよくあるものです。

ただ、よくあるからといって放置していてはいけません。

痛いということは、やはり痛くなるだけの問題があるということでもあります。

では、そもそもなぜパンプスで足が痛くなってしまうのでしょうか?

まず考えられるのが、パンプスが足に合っていないということです。

見るからに、大きすぎるパンプスを履いてる人をよく見かけますね。
踵をパカパカさせながら歩いています。

また、自覚はなくても、自分の足に合っていないパンプスを履いている方は思っている以上に多いのが現実。

足に合わないパンプスで足が痛くなってしまうのは、当たり前のことでもあります。

また、もうひとつの理由としては、間違えた歩き方が挙げられます。

足の形が人それぞれ違うように、歩き方にも人それぞれでクセがあるでしょう。

正しい歩き方を実践できている方というのは、実はかなり限られています。

自分の足に合ったパンプスを選べたとしても、正しい歩き方を実践できていなければ、足が痛くなってしまう可能性は高まります。

パンプスを履いたときに痛い思いをしたことのある方は、

  •  ・パンプスが本当に自分の足に合っているのか
  •  ・自分が正しい歩き方を実践できているのか

ぜひ改めて見直してみましょう。

痛くなったときすぐできる対処法

パンプスが痛いからといって、その場でパンプスを脱ぎ捨てるわけにはいきません。

かといって、すぐに新しいパンプスを用意するのも難しいですよね。

そうした時にも、すぐにできる対処法をご紹介していきたいと思います。

応急処置ですから、根本の解決にはなりませんが、おうちまでの道のり程度なら歩けるパンプスにしてくれるでしょう。

「何が、原因となっているのか?」

足の神経を研ぎ澄ませて、痛みのもとをしっかり辿りましょう。

対処法1:中敷きを入れる

痛い場所が「足裏」の場合。

全敷タイプの中敷を入れてみましょう。

クッション性の高い中敷なら、衝撃を吸収してくれます。

さすがに痛みが綺麗サッパリというわけにはいきませんが、これだけでも足の痛みはかなり緩和されるはずです。

対処法2:絆創膏を貼る

痛い場所が「踵の靴ずれ」なら。

ピンポイントの痛みですから、絆創膏を貼ってみましょう。
靴と足の間のクッションとなり、痛みを緩和してくれるでしょう。

靴ずれが起こりやすい踵の形というものがあります。

当店では「第二の踵」と呼ぶ、踵骨にできた骨のでっぱりがある方は、いつも同じ場所の靴ずれが起こります。

そして残念ながら、足にぴったりな靴を履けば履くほど、靴ずれが起こります。

骨のでっぱりの逃げ場がなくなるからです。

第二の踵を持つ方は、予防的に絆創膏をはっておく、という方も多いです。

ちなみに、絆創膏がなくてもハンカチを挟むことで、痛みを緩和することができます。

対処法3:滑り止めを使う

痛い場所が「足指」なら。

まず、滑り止めを中敷の上に置いてみるといいでしょう。

ツルツルした中敷は、靴の中で足が前すべりを起こしやすくなります。

滑り止めは全面の中敷きタイプも、部分的なパッドになっているものもあります。

また、パンプスと足を固定させるストラップを取り付ける方法もあります。

痛みの原因が足の前すべりなら、前すべりを防止できれば、痛みを防ぎ、緩和することができるのです。

痛いパンプスはそのまま履き続けても大丈夫?

履くたびに痛くなってしまうパンプスでも、お気に入りなら捨てたくないですよね。
思い入れがあればなおさらです。

でも残念ながら、それは体のためには避けたほうがよいでしょう。

今はよくても、ボディブローのようにじわじわと体を蝕むのが、足のトラブルです。
ぜひ、長期的な視点をもって、パンプスを選んでください。

痛いパンプスは、足をキズだらけにするということがダメなのではありません。

痛いパンプスは、正しく歩かせてくれないことが、1番の悪いことなのです。

    • 足が痛ければ、無意識に、痛い場所をかばう立ち方・姿勢になります。
  • 足が痛ければ、無意識に、痛みを逃がす歩き方になります。

悪い姿勢と歩き方によって、体にでる影響は計り知れません。

体調不良を引き起こすこともあるのです。

自分の足に合ったパンプスをしっかりした視点で選んだ上で、自分の歩き方を改善していくのが、靴とのベストなつき合いかたです。

まとめ

いかがでしたか。

パンプスで足が痛くなる原因は、当たり前ですが、自分の足に合っていないこと。

さらに、正しい歩き方ができていない可能性が高いこと。

結果、健康を損ねる可能性も高いということ。

その場しのぎの対処ではなく、自分の足に合ったパンプスを選んで、正しい歩き方を実践し、根本的にアプローチしていきましょう。

痛くならないパンプスの選び方については、別の記事でご紹介しておりますので是非参考になさってください。

「痛くならないパンプスブランドの選び方とおすすめ3選」はこちらから

Related Posts