19th Ave New York, NY 95822, USA

足が痛くならないパンプスは、鍛えられた足の強さから生まれる

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

足が痛くないパンプス

そうゆうキャッチで、よく靴を売っています。

「6時間歩き続けても、大丈夫ですか?」
「ハイヒールでも、大丈夫ですか?」

どこまで求めるか、によって、回答は変わってくるのかもしれません。

足が痛くないパンプスの選び方

足が痛くないパンプスの定義

おそらく皆さん、オフィスで、通勤で、パンプスを履く必要があるのでしょう。
または、冠婚葬祭などフォーマルな場で、黒のパンプスを履かざるを得ないなど。

そう考えると、

ヒールのあるパンプスを履いてまずは、4時間は足が痛くないこと

時間的には最低限これくらいかな、と思います。

丸1日痛くならないのは理想ですが、朝と晩では足も変化します。
ですから、靴だけに頼るのは少し難しいかなと思います。

足が痛くないパンプスは足と靴の相性、歩き方が大事

どんなによい靴でも、足と相性が良くなければ、足は痛くなります。
また、どんなによい靴でも、歩き方が良くなければ、足は痛くなります。

だから、最低限、あなたの足と歩き方を確認する必要があるでしょう。

足と歩き方の弱点があるのであれば、それを補ってあげればよいのです。

足を計測して、サイズ(足長)だけでなく、ワイズ(足囲)も出します。

ワイズは足のウエストとお考えください。
サイズとワイズの掛けあわせで、靴の「太さ」が決まります。

ワイズが「細い」「普通」「太い」。
それぞれ、選ぶブランドも変わってくることでしょう。

足が痛くならないパンプス、と謳われている靴でも、あなたの足と相性が合わなければ、それは痛いパンプスになってしまいます。

足と靴との相性、とはそうゆうことを指しています。

足が痛くならないパンプスのためには、あなたの足と歩き方が大事

これを是非覚えておいてくださいね。

足が痛くないパンプスには、オーダーメイドインソールも

もし、あなたの足と歩き方の弱点があれば、

足と歩き方を矯正するために、オーダーメイドインソールを製作する

というステップが必要かもしれません。

そして、足の左右差、歩き方の左右差、ほとんどの方がある弱点です。

左右差のない方は10%もいらっしゃいません。
左右同じお足は、800人に1名と言われているくらい希少。

少なくともこの左右差を埋めなくては、足が痛くないパンプスにはなりません。

人ぞれぞれ、足や歩き方のクセや左右差は微妙に違います。

そのポイントを探して、調整するのがインソールに必要な技術です。

24時間365日、足は常に変化し続ける

さらに、靴もインソールも、足に合わせたとしても、足の大きさは、

季節でも変わりますし、
朝夕で変わりますし、
食事でも変わりますし、
体調でも変わりますし、
運動量でも変わります。

まさに生き物。

それが、心地良いフィット感が長続きしない理由でもあります。

それでも、痛くないパンプスを手に入れることはできます。

この、足の変化率を小さくする=足を強くする=足に筋肉をつければいいのです。

脱げない靴に履き替えて、しっかり足指を使って歩くことで、足は強くなります。

足に合う靴を履くことで、足はどんどん強くなる

そんなに足って変わるの?という質問をいただきそうですが、答えは、

はい!足は1ヶ月あれば、変わります!

と申し上げておきます。

あまり知られていないことですが、

合う靴に履き替えるだけでも、足はどんどん締まります。

ですから当店では、1足目はストラップ付パンプスかレースアップ。
できればスニーカーをおすすめしています。

足が細くなって、靴は革が馴染んだら、すぐに緩い靴になってしまいます。

靴が脱げないためのストラップ、紐といった、調整機能のある靴だと理想です。

緩い靴は、足が痛くないパンプスには絶対にならないからです。

足が痛くないパンプスの前に、足を作る靴で歩くことが理想

繰り返しになりますが、足が痛くないパンプスを手に入れるためには、

1.足と歩き方をチェック

2.足のサイズ・ワイズを計測して、足に合う靴ブランドから靴を選ぶ

3.足と歩き方に弱点があればインソールで矯正、左右差も補整

わずかこの3ステップです。

そして、靴メーカーの立場、フットケアサロンを運営する立場からのおすすめは、

0.足に筋肉をつけるための歩きやすい靴に履き替えて、足を鍛える

本当はこのステップがあると、ありがたいな、と思うのです。

自分の足が強くなるのは、良いことだらけです。

痛みなく履ける靴の幅が、格段に広がります。
歩いても、疲れなくなります。
いろいろな体の不調が解消されます。

足は体の土台、足は全身を支配すると言われています。

少し整えてあげるだけで、これだけの効果・威力があることを是非ご理解ください。


足をつくるための靴と足が痛くないおしゃれパンプス。

目的によって、靴の履き分けがしっかりできることが、靴の文化なのだと思います。
残念ながら、日本にはまだ根付いていません。

まずは足に合う、歩きやすい靴に履き替えて、しっかり、強い、筋肉のある足を作るのがおすすめです。痛くないパンプスはそれからでも、遅くないと思います。

Related Posts