19th Ave New York, NY 95822, USA

私はやはり甲薄幅狭の足だったのだと、合点がいきました。(東京都文京区Hさま)

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。


「とにかく足に合う靴が見つからない」

とご相談にいらしたHさま。

足もとセルフケアを受けていただいた後、メールをいただきました。

お客さまのご感想

「どうしても合う靴がなく、パンプスをあきらめてかけていました。

正しく靴が履けているかどうかもわからない状況だったので、 一度総合的にみてもらいたかった。

靴を買うという前提以外で、足を見てもらうことが初めてなので、興味深かったです。
私はやはり甲薄幅狭の足だったのだと、合点がいきました。

テーピングであんなに体が安定したことは、驚きでした。

足と靴と歩き方をセットで改善していくという考え方は、とても理にかなっているし、しっかり改善していくだろうなという印象を受けました。

次回は、靴のオーダーを楽しみにしています。

インソールの製作も、どうぞよろしくお願いいたします。」

(メールより抜粋)

アンド・ステディからのアドバイス

Hさまは、甲薄幅狭の典型的なお足で、ワイズはA。

靴探しに苦労されてきたそうです。

細足さんは、大きい靴の中で足は安定せず、グラグラです。

足指が使えず、足裏の筋力がなくなり、アーチが落ちます。

結果、弱いお足になっているケースがほとんどです。

ところが、甲が低く、薄く、幅が狭いお足の方ほど、

「私は幅広足です。」

そうおっしゃることが多いです。

幅広のEEE靴を履いても、足指が痛い、と。

普通に考えたら、それはおかしいでしょう?

足が幅狭すぎて、靴の中で止まらず、前に滑っているということなのです。

足のことを考えると、幅狭足さんは、幅狭靴に履きかえるのが最善の策です。

次回はいよいよワイズAの幅狭靴をオーダーされます。

さらにインソール調整とウォーキングレッスンのご予約をいただきました。

ようやく準備が整い、これからが楽しみ!とおっしゃっていたのが印象的です。

甲薄幅狭足のトラブルは、靴の履き替えをするだけで解消することがほとんどです。

それだけ靴の中で足が泳いでいる、遊んでいるということ。

足のトラブルを起こす原因を、しっかり見つめることがとても大切です。

Related Posts