19th Ave New York, NY 95822, USA

オーダーメイドインソールで歩き方を矯正する

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

足もとの弱点を補うステップが、パーソナルインソール

足にぴったり合う靴をつくるためには、必要不可欠な技術です。

足と歩き方の弱点を補ってくれるインソール

足と歩行を整えるステップ

人間の足や歩き方には、必ずクセ、つまり、弱点があります。

そして、その弱点はゆがみとなって、必ず靴に現れます。

その弱点を補うステップその1が、オーダーメイドの靴。

足を計測して、サイズ、ワイズ、足の形に合う靴をオーダーメイドいただきます。

それだけでも、歩きやすい、痛くない、疲れにくい靴になります。

そしてさらに、その弱点を補うステップその2が、オーダーメイドのインソール。

インソールというと、ランニングなどのスポーツ用のイメージかもしれません。
カップインソールが有名です。

でも、インソールは、走る時だけでなく、歩く時にも効果を発揮します。

スポーツシューズだけでなく、ヒールのある革靴にもセットできるのです。

特に、外反母趾や偏平足、開張足など。
足裏アーチがないことが原因の足トラブルには有効です。

扁平足を補整して、土踏まずを擬似的に作るイメージでしょうか。

また、歩行矯正にも有効です。

O脚には特に有効です。

O脚の原因は、外側軌道の歩き方ですが、その横揺れを補正してくれるからです。


ただ、せっかくのインソールも、足に合う靴にセットしなければ意味がありません。

インソールの矯正力が弱くなってしまうからです。

インソールの役割

私たちの足は、想像以上に弱っています。
そして、私たちの歩き方は、自覚がないだけで、崩れています。

地面に対して、まっすぐ立てる姿勢がとれる人は少ない

それほど、足も、体も、本来の肉体としての機能が発揮できていません。

パーソナルインソールは、あなたの足の弱点を、補完してくれる相棒です。

繰り返しになりますが、足もとのクセを矯正するとは、例えば、

 ・タコ・魚の目の痛みをカバーする
 ・潰れてしまったアーチを復元する
 ・外反母趾が痛くならないようにする
・地面に対して垂直に立てるように矯正する

 ・O脚の原因となる歩き方の軌道を矯正する

ということ。
足の左右差、歩き方の左右差も解消することができます。

正しい重心位置、重心軌道に整えるだけで、体の負担は激減します。

そして、骨格も筋肉も正しい位置に戻ろうとするのです。

だから、O脚の外張りの筋肉は落ち、内ももに筋肉がつきます。

脚の形さえ変えていく、強い矯正力があるということです。

オーダーメイドインソールの作り方

足に合うインソールは、細かなステップを踏んで出来上がります。

3D計測器で計測、そのまま機械が削りだす一体型のインソールとは違います。

足は、変化します。
アーチが改善されたら、当然インソールも変化させる必要があるとういこと。

ですから、一体型インソールの寿命は短いと考えるのが自然です。

パーツを組み合わせたインソールの方が、安くて、調整しやすく、おすすめです。

小さなインソールパーツを、何度も足したり、引いたりしながら。

足に合う靴、きつすぎる靴、緩すぎる靴。
重心位置が変化したか、重心軌道が変化したか。

しっかりと、体感していただくのです。

このステップで、自分の足もとの感覚を研ぎ澄ましていきます。

このステップ、とても重要です。

自分の足に耳を傾けることで、足に合う靴の体感をしていただけるからです。

歩いていて心地よいかどうか、もとても大切。

マッサージの好みと同じように、インソールの矯正力にも好みがあります。
膝や股関節などの関節に負担をかけないように調整し、お好みに仕上ます。

自分の足にぴったりの感覚がつかめたら、インソールの仕上がりまで、もうすぐ。

靴もメガネのように、自分の足に合わせて調整したものが、一番歩きやすいですし、疲れにくいですし、気持ちがいいものなのです。

既存の靴の中には、パーソナルインソールに適さない靴もあります。

インソールをいれても、もったいない靴が、あります。

足に合わない靴にインソールをいれても、インソールの矯正効果が出ないからです。
単なるサイズ・ワイズ調整のためのインソールと割り切ればいいのかもしれません。

これは靴の構造だけでなく、足との相性も鑑みての判断となります。

持ち込まれた靴でインソールを入れない確率は、実に90%を超えます。

事前にご相談くださいね。

足に合うオーダーメイドの靴に、足と歩行を矯正するオーダーメイドのインソールをセットすることで、歩きやすい、痛くない、疲れにくい足もとを整えることができるのです。

まずは足の状態をしっかり把握しましょう。そしてインソールが効く、足に合う靴を手に入れるところから始めてくださいね。

 

Related Posts