19th Ave New York, NY 95822, USA

通販じゃないのに靴選び、間違えました!成功できる靴の選び方

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

やってしまいました!
靴選び、間違えてしました汗

もったいないことをしたけれど、これも勉強。

皆さんが同じことにならないよう、ちょっと分析してみたいと思います。

正しい足に合う靴の選び方5つのステップ

靴選び、間違えた・・・そもそも、どんな靴の選び方をしたのか?

買った靴は、スニーカータイプの一見、歩きやすい靴。

最近出てきたブランドです。
お客さまにもおすすめできそうなデザインで、注目していました。

たまたまそのブランドショップがあって、立ち寄ってみたのです。

通販じゃないところでやってしまったのが、また、ショックでした。

「通常のサイズより、1サイズ大きめの方がいいと思います」

とおすすめされて、24.5センチを試し履きしました。

2色あったので、左は白、右は黒を履いて、 店内を歩かせてもらいました。

ここが、のちのちのやっちまったポイントとなっていきます。

履き心地もいいし、歩きやすいし、スポーツすぎないデザインも素敵!

と、約7,000円で白を購入。
セールだったので、とても安いです。

久々の他店での靴購入にウキウキです^^

家に帰って、防水スプレーをかけ、すぐにおろして、外を歩いてみたのです。

靴の不良品は、お洋服の不良品より深刻

すると・・・痛い。

すぐにかかとの右脇に靴ずれを起こし、大きな水ぶくれができてしまったのです。

「えーどうしてー涙」

ちょっと哀しくなって、脱いだ靴を見てみると・・・

なんと、左と右のトップラインが全然違うのです!
ビックリ。

トップラインというのは、履き口の楕円になっている部分のこと。

ここは、足を押さえつけたり、足入れを良くしたり、とても重要なポイント。

左は、ぱかっと口が開いて、とても大きいのです。

でも、 右はゆがんでいて、直径があきらかに小さく、すぼまってる感じ。
左右差のある不良品、だったのです。

そりゃ、靴ずれを起こすわ・・・

右足に黒を履いてしまったのが、間違いのもとでした。

ちゃんと面倒くさがらず、右足に白も、試し履きをしていれば・・・

自分に対して腹立たしいです、ホント。

足に合う靴選びに成功するための5つのステップ

ここで改めて、足に合う靴を選ぶ方法を箇条書きにしてみました。

ご来店いただくお客さまたちに、実践いただいてる方法です。

基本の靴の選び方

1.ぱっと見て気に入った靴、かつ、構造がよい靴であること
2.両足、?左右が揃っているか、 チェック
3.靴を履いたらまず、つま先立ち。踵が脱げないなら歩く価値あり

4.店内を5分程度、しっかり歩きく。
5.歩き終えたら再度、つま先立ち。踵が脱げないなら買う価値あり

この簡単な方法は、わりとどの靴にも適用できます。

踵が脱げないということを、重視しています。

やっぱりなんでも、基本が大事ですね。

自分の身は自分で守るしかないのですから。

アンド・ステディからのアドバイス

今回は、アドバイスなんてとてもできないですが笑、

「こちらの靴はどこでつくっているんですか?」
「ほとんど中国なんですよ。」?

そんな会話を交わましたよ、そういえば・・・

中国製が悪いとは言いません。

でも、

中国は想定外のトラブル発生が常ということを、嫌というほど経験しているよね?

と自分にガッカリ・・・

皆さんも、私のような間違いをしないように靴選びをしてくださいね。

靴選びは、体づくりに直結する、とても大切なことです。

もっと詳しく足・靴・歩き方を知りたい方は、こちらで学べますよ。