19th Ave New York, NY 95822, USA

O脚の原因は、足に合わない靴と外側重心軌道の歩き方

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

お客さまからのご相談で一番多いのは、靴のことです。

そして次に多いのが、脚のこと。

脚とはLEG、くるぶしから上のことを指します。

O脚やXO脚、むくみ、冷え、いつもだるいなどのご相談をとても多くいただきます。

O脚の原因は、靴と歩き方だった

O脚をつくる靴、O脚をつくる歩き方

靴、歩き方、脚。

実はこの3者、切っても切り離せない関係です。
そして、残念ながら「O脚を作る靴」「O脚を作る歩き方」があることも事実です。

どんな靴が、「O脚を作る靴」のか?

・幅広の靴
・柔らかい靴
・楽な靴

実は、「足が疲れる靴」と同じなのです。

どうしてO脚を作ってしまうの・・・?

わかりやすく紐解いていきたいと思います。

脚の形は、筋肉の形そのもの

片脚にはわずか3本の骨しかありません。
この骨に筋肉がまとわりつき、脚を形づくっています。

つまり、脚の形=筋肉の形、ということ。

O脚とは、その脚の筋肉が外側に張り出し過ぎている状態ということ。
骨格も外に流れていることが多いですね。

膝下O脚をXO脚と呼んだりもします。

そして、この筋肉をつくったのは、他でもないあなた自身。

日々の間違えた歩き方が、間違えた筋肉を育ててしまったということなのです。

この間違えた歩き方こそ、O脚を作る歩き方。
そして、その歩き方を助長する靴こそ、O脚を作る靴。

逆に「間違えた歩き方を是正する靴=O脚を改善する靴」とも言えますね。

O脚をつくる歩き方をさらに紐解く

人間の体はバランスを取りながら立ったり、歩いたりしています。

このバランス、シンプルに紐解くと、

 ・重心位置
 ・重心軌道

の2つに分解されます。

重心位置は立ち姿勢の時、足裏のどこに重心があるか、ということ。

重心軌道は歩行時に、足裏のどこを重心が移動するか、ということ。


O脚をつくる歩き方は、重心軌道が「外側軌道」すぎるということなのです。

外側軌道すぎる歩き方の結果

だいたい小指が潰れて、爪が小さくなっています。
薬指も危うい感じです。

踵~小指球にかけて、うっすらと角質が溜まっている方も多いです。

それだけ体の外側に負担をかけている歩き方なのです。

それが毎日、5,000回も10,000回も繰り返されるわけです。

筋肉は自然に鍛えられてしまいますね。
外の筋肉ばかりが、です。

これこそ、いらない筋肉、O脚に見せてしまう筋肉です。

O脚を作る靴をさらに紐解く

「O脚を作る靴」である、幅広の靴、柔らかい靴、楽な靴。

これらも外側軌道を助長こそすれ、是正してくれることはありません。

間違えた歩き方を補正するだけの硬さも、強さも、足の弱点を補う設計も、そこにはないからです。

「靴が脱げないように歩く」
「靴を持ち上げながら歩く」
「靴を引っかけながら歩く」

こんな歩き方を強いる靴では、ちゃんと立つことさえ、難しいのではないか?と思えてきます。

靴がO脚を作り、歩き方がO脚を作る、のです。

O脚を改善するためのステップ

O脚改善に必要なことは、たった2つ。

重心軌道を修正してくれる靴に履き替え、
外側軌道の歩き方を変える

ことです。

もちろん、骨盤側からのアプローチも必要になる方もいらっしゃいます。
こちらは骨盤、股関節、膝などもしっかりチェックする必要があります。

骨格を整えても、支える筋肉が不足していたら、すぐに元の位置に戻ってしまいます。

今、必要な施術なのか?を、考えて、組み入れる必要があります。

O脚の原因をしっかりと見極めることも大切ですよ。

美しい脚をつくるには、まず足裏アーチの状態から確認するのが無駄がないです。

Related Posts