19th Ave New York, NY 95822, USA

顎関節症の原因は足に合わない靴だった?!

インソール

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

インソールを創ったお客さまから驚き!のメールをいただきました^^

フィッティング体験会に参加され、まずは足づくりからスタート。

とにかく足に合う靴が見つからないというお悩みでした。

履いてきた靴はブカブカ、ユルユル。

大きすぎる靴を履くことで、足が弱った状態になっていました。

パンプスは足ができてからお仕立てしましょう!と靴の履き替えをして、わずか2週間です。


「顎関節症で長年通っている歯医者さんに「何をしたの?」と聞かれました。
噛みしめをしている痕跡もないと言われ、これもなかなかすごいことです。」

顎関節症が足を整えることで治った!

全身を整えてから歯を治す歯医者さん

こちらの歯医者さんでは、顎関節症のひどい方は、まず整体を紹介されるそうです。

全身がゆがんでいるので、まずそこを直す。
間違った位置でいじっても、また歯を直すはめになる。

理に適っています。

顎関節症には、足指が使えていない方も多いそうです。

全身は繋がっていますからね。

足の踏ん張りがきかない=土台のぐらつき

ですから、どこかにひずみが生まれて当然です。

かもしれないし、
かもしれないし、
あごかもしれない。

こちらのお客さまはきっと、足の不調があごにでてしまっていたのでしょう。

そして、足が整い始めた今、あごの状態も整ってきたのだと思います。

子どもに増え続ける顎関節症と側弯症

最近は、顎関節症だけでなく、側弯症の子どもが増えていると聞きます。

この原因を紐解いていくと、大人と同じことが起きていると考えてよいでしょう。

子どもたちに、大きすぎる靴を履かせていませんか?

お母さんたちには、よくよくご理解・ご注意いただきたいです。

こちらのお客さまは、自分の足がどんどん変わっているのがわかったそうです。

結局、これまでの靴はすべてブカブカになってしまったとのこと^^;

繰り返しになりますが、わずか2週間です。

足を整えることは、全身を整えることに直結していることがよくわかります。

靴は、健康に直結している。

人生100年時代、自分の足の手入れをしながら過ごしたいものですね。

まずはあなたの足の状態から把握してみませんか?