19th Ave New York, NY 95822, USA

インソールパーツ開発力は、日本がもはやドイツを超えた?!

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

パーソナルインソールのためのパーツをいろいろと取り寄せ、研究しています。

パーソナルインソールって、何?

インソールパーツを組み合わせてオーダーメイドできます

パーソナルインソールは、歩き方を矯正してくれる当店で製作するインソール。
基本は、足に合う靴にセットするもので、緩い靴に入れても効果が半減します。


インソールの役割は、足と歩き方を矯正することにあります。

・外反母趾やタコ・魚の目、外反足などの弱点を補正する
・正しい足の骨格の状態に復元する
・立ち方・歩き方のバランスを整える

結果として、体のバランスまで整えてくれる技術です。

「歩くこと」=「フットケア」

とするための、必須の施術です。

当店の持つインソール技術は、細かなパーツを組み合わせていくものです。

だから、O脚用、偏平足用ということなく、人によって必要なパーツを足せますし、土踏まずに左右差もつけられます。

ここは硬めに、ここは柔らかく、ということもできるのです。

1枚ものインソールのメリット・デメリット

一方で、機械が1枚の板から削り出す手法もあります。

カップインソールタイプが多いでしょうか。
スポーツ用は、ほぼこちらですね。

パンプスではなく、スニーカーに入れるタイプをよく見かけます。

いろいろな靴に、入れ替えできるのが、1枚もののメリット。

一方、1枚ものインソールのデメリット。

それは足の変化に追いつけないこと。

足裏の状態って、すぐに変わってしまうもの。
お客さまの中には、1ヶ月でアーチが復活する人もいます。

アーチがつくられたら、それまでのインソールは合わなくなるということです。

だから、アーチができたらパーツを加え、またアーチができたらパーツを加え、と、細かく調整できる組み合わせ方式の方が現実的と考えています。

安いですしね。
華奢な靴代表、パンプスにもセットできます。

おすすめは、やはり細かなパーツを組み合わせたインソールですね。

インソールのパーツとして適切な素材

このオーダーインソール、置く位置が1ミリ違っても歩行が変わってしまいます。

足に、体に大きく作用する、とても大事なものなのです。

体の土台である足、体の表面積のわずか2%しかない足裏に、全体重がかかります。

だからそのパーツには、へたりにくくて、強度ある素材が必要です。

硬すぎてもいけないし、柔らかすぎてもいけません。
大きすぎてもいけないし、小さすぎてもいけません。

人工筋肉といわれるパーツや低反発・高反発、さらにはMIXものなど。

研究所や靴関連会社さんからお声掛けいただいたものを、まず自分で試しています。

様々なテストをしながら、日々、新しいパーソナルインソールを製作しています。

インソールパーツの進化、日本の台頭

技術の進歩はすごいですね~

10年ひと昔とよくいいますが、今は1年ひと昔、でしょうか。

2年前のものよりも、確実に効果の高い素材がつくられていると感じます。

そして、足、特にFOOTに関する技術はドイツ式が有名ですね。
伴いインソールパーツ素材もヨーロッパ製が牽引してきましたが、それも今は昔。

昨今の日本メーカーのアウトプットは、すごい、の一言です。

さすがの日本製、かゆいところに手が届く!素材がたくさんあります。

それを見る限り、追いつき、追い越した、と言ってもいいかもしれません。

やっぱり日本は、すごいです。

実は、今現在使用しているインソールは、当店オリジナルのものが80%ほど。
よい要素を組み合わせて、型から作ってしまいました。

今現在、歩行矯正のためには、ベストなインソールパーツになっていると思います。

そして、この素材から開発したインソールパーツは、とても好評。

海外に販売するということ、考えてもいいかもしれませんね。

当社の親会社でもインソールパーツの開発を行っています。

パーソナルインソールをお仕立てするためには、フットプリントが必要。

フットカウンセリングが含まれた初回プランからご予約下さいね。