19th Ave New York, NY 95822, USA

1 歳の誕生日プレゼント!赤ちゃんのセカンドシューズの選び方

こんにちは。アンド・ステディ小野崎です。

お子さんの1歳の誕生日というのは、本当に特別なものですよね。

だからこそ、1歳の誕生日プレゼント、何にしようか迷ってしまう方も多いようです。

1歳の誕生日プレゼントには、いろいろな選択肢があります。

その中でもおすすめしたいのがファーストシューズならぬ、セカンドシューズ

セカンドシューズは誕生日プレゼントとして記念になるだけではなく、赤ちゃんのその後の成長を支えてくれるものだからです。

あんよが始まったら歩行を邪魔しない靴を選ぶ

赤ちゃんの成長というのは、思っている以上に早いものです。

ハイハイができるようになって、つかまり立ちができるようになって、気づいたときにはよちよち歩きができるようになって……

親御さんとしては、嬉しい限りでしょう。

ただ、気を付けておきたいのが赤ちゃんの成長にあわせたベビーシューズ選び。

ヨチヨチからとこトコトコになれば、ファーストシューズ卒業のタイミングです。

「ファーストシューズは、ヨチヨチ歩き」

「セカンドシューズは、トコトコ歩き」

と覚えておきましょう。

大人だって、歩きやすい靴を履けば、たくさん歩きたくなりますよね?

それは、赤ちゃんも同様。

ですから、たくさん歩きたくなるようなベビーシューズ選びが大切になってきます。

歩く

この基本的な運動が、その後の成長に大きく関わってくるので、大人以上に赤ちゃんの靴選びは重要と言えます。

赤ちゃんの足づくりを支えるベビーシューズ

あまり知られていないのですが、赤ちゃんの足はそのほとんどが軟骨です。

そして、歩いて刺激を与えることで、骨化(こっか)していくのです。

このメカニズムについて、最近では高齢者の方の骨を強化するのにも、足に刺激を与えるのがいいという情報が流通して一般化しましたね。

骨は刺激を与えると、強く、大きく発達するものなのです。

赤ちゃんの場合は特に、歩行が足りないとその後の骨格発達に影響が出てきます。

これから、体がどんどん大きくなっていくのですから、体を支える足の骨格の発達は、極めて重要です。

だからこそ、大人以上に歩くことが大事になってくるのです。

だからこそ、歩きたくなるベビーシューズが必要になってくるのです。

ここから赤ちゃんの足づくりが始まると言っても過言ではありません。

赤ちゃん目線でのベビーシューズ選び

赤ちゃんにとって大切なベビーシューズだからこそ、赤ちゃん目線でのベビーシューズ選びが大切です。

・踵をしっかり支えてくれる
・足指がのびのびできる

という赤ちゃんにとって歩きやすい条件に加えて、パパさんママさんが脱ぎ履きさせやすいように、

・脱ぎ履きしやすいベルクロで留められるデザイン

がおすすめです。

そして、大事なのは、

・インソールは不要

ということ。

大人の足と赤ちゃんの足は、根本から違いますから。

インソールは赤ちゃんの足にとってはむしろ悪い作用をします。

足の成長を確認できる出し入れ可能なカップインソールが望ましいでしょう。

また、この頃の赤ちゃんは五感がものすごいスピードで発達する時期でもあります。

手や足の触覚はもちろん、目の視覚、耳の聴覚、鼻の嗅覚、口の味覚。

こうした感覚の発達も意識した方がいいでしょう。

足裏の感覚は即座に脳に伝えられ、どんどん感覚が育ちます。

ですから、歩くことは本当に大切、成長に必要なことなのです。

ベビーシューズは骨格だけに関与するわけではないことを、ぜひご理解ください。

アンド・ステディの子供向けシューズたち

アンド・ステディは、大人の女性向けのオーダーメイド靴店です。

ただ、あまりにも弱弱しいお足の女性が多いのです。
よく拝見するにつけ、なぜ?と考え続けてきました。

私たちが出した1つの結論は、

「子供のころから足によくない靴を履いてきた」

というもの。

足によい靴環境を与えられず大人になってしまったということです。

これは大変なことです。

周囲の大人に正しい足や靴の知識がなかったことや、その子の足自体が細いことや、粗悪な商品が流通していることなど、いろいろな問題はありますが、やはり「よくない靴」という点は共通しているのです。

だから、生まれてはじめて履く靴からよい靴であってほしい

そう思い、子供向けの靴を企画・製造・販売することにしました。

ファーストシューズはカスタムもあり

ヨチヨチ歩きが始まったら、ファーストシューズですね。

これはどちらかというと記念の意味合いのほうが強いでしょう。

ですから当店では、ママのスニーカーとお揃いも作れるカスタムもご用意しました。

キットなので、手縫いで仕上げられ、より思いが込められます。

ファーストシューズ

セカンドシューズは知育のためのちいくっくR

そして、トコトコ歩きが始まったら、本格的な靴を用意してあげてください。

ここからは大人と同じ構造・機能の靴が必要

だから、アンド・ステディのセカンドシューズちいくっくRは、靴職人が仕立てます。

また、知育の要素も詰め込んだセカンドシューズになっています。

「左足はおたまじゃくし、右足はかえる」

と親子を認識できるように、革のパッチワークを施しています。

革で作ったおもちゃにもいろいろな仕掛けを用意していますから、まさにセカンドシューズとして相応しい仕上がりとなっています。

2020年10月販売開始予定です。

まとめ

ヨチヨチ歩きからトコトコ歩きになったら、セカンドシューズに履き替えましょう。

このトコトコ歩きが始まるのはまさに、1歳の誕生日前後。

ですから、1歳の誕生日プレゼントにセカンドシューズを贈るのは最適です。

アンド・ステディのちいくっくRは、これから育てていく足の骨格のために、五感のために、まさに考え抜かれたセカンドシューズ。

しっかりした足を持つ大人に成長する第一歩となることでしょう。

Related Posts