インフォメーション

新型コロナ対策による自粛期間の「体の変化に関する意識調査」結果

テレワーク推進、おうち時間増加によって
「歩行量が減り」「体がなまり」「足の筋肉が落ちた」
運動不足と体力の衰えに不安を感じるという弊害

運動女性おなか

日本橋人形町で「オーダーメイドの靴からはじめる体づくり」がコンセプトの、くつ・あし・あるく研究所&Steady(アンド・ステディ)は、新型コロナウィルス対策のための長い自粛期間を過ごすことで、女性たちの体に何かしらの変化が起こった可能性があると考え、当店のお客さま向けに「自粛期間における体の変化に関する意識調査」を実施し、352名より回答を得られました。

アンケートによると、「テレワークが増えたり、外出が減ったりの自粛期間では、靴を履くシーンはどのくらい減りましたか?」の問いに対して、40%以上減少している人が、実に6割を占めます。「自粛解除を迎えるにあたり、足や体で気になっていることや心配なことをすべてチェックください」に対して、1位は「歩行量が減った」、2位は「体重が増えた、体がなまった」、3位は「足の筋力が落ちた」と、体力低下を不安に感じている様子です。「靴・足・歩くに関するお悩みに変化はありましたか?」に対して、自粛期間中、外出を控えることで運動不足になったことはもちろんですが、靴を履かなくなったことで、足に合う靴に履き替えて改善した外反母趾や足裏のタコなどの足トラブルが復活してしまったという方も40%以上いらっしゃることがわかっています。

ステイホームに真面目に取り組んできた人ほど運動不足と体力の衰えを感じている事実が浮かんできました。

また、フリーの回答欄では、「お尻が垂れた」「足がむくむようになった」「下半身だけが太った」等、健康だけでなく、美容にも危惧する回答が多く見られました。

1.年代を教えてください。

アンケート年代

 

2.職業を教えてください。アンケート仕事

 

3.アンド・ステディにはじめてご来店された際に抱えていた、靴・足・歩くに関するお悩みをすべてチェックください。アンケートはじめのお悩み

 

4.もし、ほかに抱えていたお悩みがありましたら教えてください。(一部抜粋)

・靴がぬげる
・当時何を履いても脚が痛かったからです。
・足の甲が薄く幅が狭くて自分のサイズが世の中に存在しない
・市販品にはサイズもないけど、好きな色もなかった。
・正しい歩き方がわからない
・足裏以外も指の上側や小指側の側面もマメだらけでした。不調だらけで、色々調べて、こちらにたどり着きました。
・足にぴったりの靴にずっと出会えずにいました!足の甲にいつの間にか変なアザがありました!

 

5.靴を履き替えてよかった点を、教えてください。(一部抜粋)

・靴が足にピッタリしたことで、足の色々な不具合を気にすることが少なくなった。
・歩きやすい!疲れない!姿勢が良くなった!生まれて初めて「歩き方がキレイ」と褒められました!寝てるとき足がつらなくなりました!変なアザもいつの間にか消えていました!
・無意識に靴が脱げないように気をつけていたせいか、下を向きがちだったのが、足元を気にせず歩くけたり、歩く先に意識が向き、目線が高く遠くを向いて歩けるようになった。
・足が気持ち良い。とにかく気持ち良い!
・踵が脱げないのが一番感動した。足にぴったりでスネが痛くなることも無いし、魚の目やタコも無くなった。
・歩いていて自然に前に進む感じがするし、足裏全体、足の指まで感じられるようになった。今までは足の指を使うという感覚はなかった。
・上記悩み故に靴を履いて出かけることが苦痛だったのですが、その苦痛からほぼ解放された点
・安心してお出かけ出来る革靴がある!つまり、お出かけが楽しい。
・知識の上でも納得する理論を知って気持ちが晴れやかになった
・市販に比べてお買い物の失敗が減った
・もう靴を探し歩かなくて済むのが嬉しい。
・足のタコが減った。合わない靴は履かなくなったので、パカパカ脱げることはなくなった。
・下半身の形が変わってきた。疲れにくい。
・長時間歩いても以前のような疲れや痛みが緩和されました。
・腰が痛くならない。
・足裏の痛みが無くなった 曲がっていた指が少し伸びてきた
・自己肯定感が生まれたこと。

 

6.もし、ご家族やお友だちにアンド・ステディをおすすめするなら、どんな言葉で紹介しますか?(一部抜粋)

・足に合う靴が見つからなくて困ってるなら是非一度行ってみた方が良い!靴選びの概念が変わるから!
・足に合った靴を履かないと後々、自分の健康を害することにつながるから、きちんとプロの方に足を見てもらって作った方が良いと伝えたいです。また、洋服や化粧品等に使っているお金を少しで良いから節約して、いい靴を作るのをオススメしたいです。
・高いからビビるかもしれないけど、痛みと無縁で歩きやすいよ。1年に何足も安い靴履き潰して靴擦れ用の補整パーツとか絆創膏に使うお金を考えたら総額は変わらない。
・自分の足に合う靴とはどんな靴かがわかる。いま履いている靴は実は足に合っていないことがわかる。足に合う靴を履くと歩きかたが変わる
・靴の医者を受診してほしい
・自分で思ってるサイズと違うから一度測ってもらうといいよ。
・今までの靴は何だったの?って思うはず。もう大きな靴は履けなくなるよー。
・ブランドの靴を買うくらいだったら、絶対アンド・ステディ‼️
・自分の足の一部が手に入るよ
・足にぴったりで、しかもとってもオシャレでどこにも売ってない自分だけの靴が買えるよ
・この世に存在しなかった私の足のサイズを実在あらしめてくれた靴屋さん
・ストレスのない靴
・魔法の靴です笑
・足元から健康に。
・10年先、20年先に健康な自分でいるためにぜひ行ってみて欲しい。
・足に合った靴を履くと体変わるよ。的な。
・最初は大変だけど、外反母趾の痛みはなくなる。
・靴を変えただけで、姿勢が良くなり、歩くのが楽しくなりますよ。
・健康に繋がる歩き方ができるようになる
・足が痛くないのは幸せです。
・腰の痛みや膝の痛みなど改善される可能性が高いから試して欲しい。
・歩く時、足がどんどん進むようになる。
・「日本人のほとんどは大き過ぎる靴を履いている。安くて自分に合った靴をオーダーできる。」ちなみに、これで私の周りで4名作らせていただきました。
・自分用の靴で足のトラブルを解決できることはもちろん、皮の種類やデザインでオンリーワンの靴になる。会社で何度も「靴かわいい」といわれたり、電車や信号待ちでも靴に注目されることが何度かあって嬉しかった。

 

7.テレワークが増えたり、外出が減ったりの自粛期間では、靴を履くシーンはどのくらい減りましたか?

アンケート靴を履く機会

 

8.靴・足・歩くに関するお悩みに変化はありましたか?

アンケートお悩みの変化

 

9.自粛解除を迎えるにあたり、足や体で気になってることや心配なことをすべてチェックください。

アンケート自粛期間での気になること

 

10.もし、ほかにもお悩みがあれば教えてください。(一部抜粋)

・体全体が自粛前より固く強張っている
・少し足裏が硬くなっています。
・本当に歩かなくなり、生活空間も狭く人目もないので姿勢も崩れがち。
・テレワークで座りっぱなしで、歩く前にそもそも立つことが減った。
・身体を鍛えたいのだけれど、ジムなどにはもう行く気がしません。自宅で鍛えたい!でも面倒なのは続かない・・・というお悩みです^^
・ステイホームによりスリッパで巣ごもっていた結果、何となく足が疲れるし痛みを感じる。自分では、足の弱点をサポートする機能が靴にはあるけれどスリッパには無く、自粛の間は靴を履く時間が短いからだと思っています。
・足がむくむようになった(以前はほとんどむくみがなかった)
・トラブルを感じる程も歩いてないのがこわいです。初めのうちは疑似通勤で30分くらいウォーキングしていましたが、最近はそれも減ってきて、危機感をおぼえてます。
・片足立でふらつきます。

 

11.家の中でそのお悩みが解決できる靴があったら、履きますか?

アンケート

 

12.率直なご意見やご質問、ご要望をぜひお寄せ下さい。(一部抜粋)

・家の中では、布ぞうりを愛用してます。3 Aの22.5なので、市販のスリッパは履けません。
・久しぶりに秋に作った秋口のサンダルを履きました。とても履いていて気持ちよく、おしゃれな感じになれて嬉しかったです。
・前問の自己レスになりますが、実は今スリッパ代わりにMBTを室内履きしてます。
・久しぶりに会社にはいていったら、翌日ふくらはぎが筋肉痛になって情けなかった。反面、筋肉に効いたのだとも思った。
・作ってただいた靴のおかげで、歩くときに痛かった足裏のタコやマメは、なくなりました。すごく感謝しています!
・雨用のパンプスの種類が増えると嬉しいです
・靴というか、細身のスリッパ的なのが欲しいです。絶対スリッパがいけないんです。すっごい疲れるんです
・室内で過ごす時間が増えたので、幅狭のスリッパなどの室内履きがあると嬉しいです。
・靴に合わせて靴下やタイツも取り扱っていただけると嬉しいです(靴下やタイツがぶかぶかでせっかくの小さめの靴に合いません)。
・Web上で、バーチャルで靴のデザインと革を合わせられたらイメージが湧きやすい
・自宅勤務の中で1日中スリッパを履いて過ごしているうちに、足裏に痛みが出るようになってしまいました。使用しているスリッパはごく一般的な市販の幅広のものなので歩きにくく、足に良くないと思いつつも、他の選択肢が見つからないので仕方ないと諦めています。一応、サボで代用出来ないかと考えたこともあるのですが、室内の床で履くには足音がうるさくなってしまうので断念しました。細幅さんのスリッパの活用方法や室内で足トラブルを悪化させないコツなどがあれば、是非教えていただきたいです。
・家の中で履く靴とは?実は母がスリッパを履いています。スリッパは足に良くないのではいてほしくないのですが、なかなかいうことを聞いてくれません。家の中で履くことで膝痛や、足の冷えが解消される靴があれば、履いてくれるかもしれません。
・家の中でできるトレーニングがあったら教えて欲しいです!
・丁度、室内履きを作って頂けないかというメールを送ろうとしていた所でした!脱ぎ履き簡単な室内履き、切望しています!
・アンドステディさんとの出会いで、長年の足の疲れ、合う靴がないという悩みが解消されています。なくてはならないお店、靴です。これからもよろしくお願いします。
・電磁波をアースする靴を作ってほしいです。
・4月から職場が変わり歩行数がへったにもかかわらず、4月から貴社の靴を履き始めて良い効果が出ています。少ない歩数を活かせていると思います。

 

調査概要
■ 調査目的:靴を履かない生活に関する意識調査
■ 調査対象:全国の40代~70代の女性
■ 回答数 :352名
■ 調査期間:2020年5月9日〜5月10日
■ 調査方法:インターネット調査
■ 調査元 :くつ・あし・あるく研究所&Steady|アンド・ステディ

 

会社概要

会社名:有限会社アクスト                          

所在地:本 社|東京都台東区今戸1-17-7
    サロン|東京都中央区日本橋人形町2-10-4 ENOXビル2階                 

代表者:代表取締役 小野崎 記子                

設 立:2004年4月                        

U R L:https://andsteady.com/                   

運営サロン:くつ・あし・あるく研究所&Steady|アンド・ステディ

本件に関するお問い合わせ

会社名:有限会社アクスト 担当:小野崎                

TEL:080-5989-3272 FAX:03-5643-9126                          

Email:info@andsteady.com

 *使用の際は、ご報告と出典の記載をお願いします。

 

関連記事

 

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

オンライン相談室

オンラインストア

靴の試着会

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア—コラム『プライマリーステップ』

くつ美整体トレーナー養成講座

テーピング&ウォーキングのグループレッスン
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「足が痛い!合う靴がない!O脚やむくみを改善したい!」
あなたのお悩みを解決するべく、原因をわかりやすく分析、今すぐできる対策をお伝えしています。

 

お名前(姓): (必須)
お名前(名): (必須)
メールアドレス: (必須)
足もとのお悩みを教えてください