お客様の声

杖を使う同世代のお友達を見て危機感を感じました(I.Kさま)

杖こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

 

早い方で50代でしょうか、杖をついてご来店される方もいらっしゃいます。

 ・腰痛の改善のために
 ・股関節痛の改善のために
 ・膝痛の改善のために

歩くのも辛いくらいの痛みが出ている方が、ほとんど。

皆さん、「靴に勝機あり!」とご予約されるそうです。

いろいろ勉強されて、最後に靴にたどり着くようです。


ご本人は、痛いところにしか意識が行っていませんが、フットカウンセリングを進めていくと、それだけにとどまらないのも特徴。

 ・偏平足
 ・開張足
 ・外反母趾
 ・足裏のタコ
 ・小指の魚の目

足トラブルのオンパレードということが多いです。

痛みのスタートは、間違いなく、足。

足をここまで放っておいたことが、痛みの原因となっているのです。


「私は、まだまだ自分の足だけで歩きたいのです。」

お友達が杖をつき始めたという50代のお客さまから、ご感想をいただきました。

お客さまのご感想

「仲良くしていた同世代のお友達なので、ショックでした。
人生100年時代と言われているのに、もう?と驚いて。

本人にも早くない?まず痛みをとるように病院に行ったら?と話したのですが、面倒なのと、もうあきらめているようで、、、


でも、私はあきらめたくありません。

50代も半ばを超えた今、ようやく時間もとれるようになったので、もう1回足を作り直して、またヒールを履けるようになりたいのです。


スニーカーが軽くてビックリしました。

これなら歩くのが苦痛ではないですから、歩こう!という気持ちになります。

指を使うという感覚も、はじめてわかりました。


これが当たり前だと思って履いていた靴でも、まだまだできることがあるんだ、ととても楽しみになりました。」

アンド・ステディからのアドバイス

一時的なものなら別ですが、50代から杖は確かにまだ早いかなと思います。

筋力はまだありますし、鍛えれば80歳を超えても筋肉は育つものですから。

あきらめるのは、早いです。


その証拠に、70歳を超えてもヒールを履いている人はいます。

これには2パターンあって、1つめは若い頃からずっとヒールを履き続けてきた人。

そして、いったん足が弱ったけれども、足をきちんと鍛えなおして、また履けるようになった人です。

50代なんてまだまだ若いのです。

一度はあきらめたヒール靴を履くことを目標に、足を鍛えるのがおすすめです。


足に合うスニーカーに、足の弱点を補うインソールを製作して、正しく歩くだけで、足の筋力は育ってくれます。

足指を使えば、足裏の筋肉は育つ。

とても単純なメカニズムです。
だけど、知らない人がとても多いです。

そして、出来ている人、出来ていない人では、健康寿命に大きな差が生まれます。

元気な足を持つ人だけが、アクティブシニアになれるのです。


靴まわり、足まわりにかかるお金は、今のためだけの話ではありません。

10年後、20年後に向けた投資と捉えて、習慣にすることがおすすめです。

 

関連記事

 

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

体が整う靴の体験会

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア—コラム『プライマリーステップ』

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

くつ美整体トレーナー養成講座

テーピング&ウォーキングのグループレッスン
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

お名前(姓): (必須)
お名前(名): (必須)
メールアドレス: (必須)
足もとのお悩みを教えてください