雨の日でも泥はねさせない正しい歩き方

雨の泥はねこんにちは。歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。


梅雨の季節は、毎日雨が続きますね。
今年ももうすぐ梅雨明けでしょうか。

雨の日は靴が濡れてしまったり、地面のぬかるんだ泥を跳ね上げて、靴やパンツの裾が汚れてしまったという経験はありませんか?

実はこれ、地面のコンディションのせいではなく、歩き方に原因があるのです。

「よくある!」という方は、正しい歩き方が出来ていない証拠!

今回はそんな雨の日に靴が汚れてしまう歩き方のパターンと解決方法を紹介していきますので、雨の日の泥はねに悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい。

こういう歩き方が泥はねを招く!歩き方一覧

アンド・ステディは靴屋ですが、最終的に歩くことをゴールに靴を提供しています。
靴は、足を、体を整えるツールのひとつとして捉えているからです。

だから、初回プランには、ウォーキングレッスンが含まれています。

人間は歩くことで健康を維持できる動物なのです。

それでは、雨を跳ね上げてしまう歩き方、見ていきましょう。

すり足(つま先が上がらない)

歩くと、地面から足が上がらず、スリスリと音がするのが特徴。

足がそもそも擦っているので、地面からの距離が近いので泥が靴に付着しやすく、水たまりも無意識に引っかけてしまうため、靴の底が全体的に濡れてしまいます。

原因はつま先が上がっていないことですが、これは、高齢者の歩行と同じ状態ということをきちんと理解しておいた方がいいと思います。

柔軟性が失われ、関節も硬くなり、筋力も弱くなった人の歩き方ということです。


これを、省エネ歩きとして推奨している人もいます。

でも当店は、やはり若くて健康で靴を履くなら、つま先をしっかりあげ、ローリングさせる歩き方がよいと考えています。

行進歩き(水たまりに真上から足を落とす)

足の踵やつま先を使わず、真上からドンと足を置いてしまう歩き方が特徴です。

行進歩き、と私たちは呼んでいます。
わかりやすく言うと、足指を使わないで歩いているということ。

女性には、とても多い歩き方です。

足自体は上がっていますが、つま先は上がりません。

よって、足はローリングせず、行進のような足の運びになるのです。

当然、足が地面に下りた時の衝撃が強く、水や泥を、靴~パンツの広範囲にかけて、真上に跳ねてしまうことになります。

足を返さない(後ろ足が水を後ろに蹴らない)

これも多いですね。
足を返す、という動作自体、感覚として得ていない方も多いです。


足の指の付け根でしっかり曲げて、体を前に押す動作が「返す」ということ。

足を返す、足が返るため、靴も返しがよい、返りのよい靴が必要です。

足も、靴も、指の付け根で曲がることが正解なのです。

後ろ足を返さない歩き方だと、水は後ろに飛びません。

歩く衝撃で勢いよく跳ね上がった水滴が真上に飛び上がり、パンツやストッキングについてしまうことでしょう。

何故こういう歩き方になってしまうのか

今回は、雨の日に泥はねしてしまう歩き方を見てきましたが、おそらく日常でも同じ歩き方をしていることでしょう。

普段から、正しい歩き方ができていないのです。

正しい歩き方が出来ない理由

それは、自分の足に合うを履いていないことが原因です。


足に合っていない靴を履いていると、

→常に、靴の中で足が動いてしまう

→無意識に、靴が脱げないように足を動かす

→結果、正しい足の動かし方ができない

ということになってしまうからです。


すり足とはつまり、靴が脱げないように足の動きを無意識に制御した結果ですし、行進歩き、足を返さない歩き方についても同様です。

自分の足より大きい靴を履いたら最後、この歩き方を、靴にさせられてしまいます


変な歩き方は、ビジュアルの問題だけではないことをおわかりいただけましたか?

足が本来の動き方ができなければ、足によい筋肉が育つはずありません。

筋肉のない足は、弱い足。
浮き指から外反母趾にいたるリスクは確実に高まっていきます。

そして、動かさなければ、血の巡りも滞ります。

むくみや冷えの要因にもなっていくのです。

美しい足の持ち主は、健康ですし、雨の日の跳ね上げも少ないことでしょう。

泥はねが、正しい歩き方の指標になるということです。

正しく歩いてストレスなく雨の日に出かけよう

いかがでしたか?

雨の日のおでかけで靴が汚れる原因は、歩き方にあった。
しかも、足に合わない靴を履いていたことが原因だった。


雨の日は濡れてしまうからと、年代物のゆるい靴を履いていませんか?

これ実は、とても多いケースなんじゃないかと思います。

わかりますよ、もったいないって思ってしまいますよね!

でも、、、これが泥はねの原因になってる可能性は否定できません。


もし、泥はねを防ぎたいなら、やはり、足に合うレインブーツが一番。

撥水、防水加工がしてあって、雨でもすべりにくいソールのレイン対応
長靴のようなゆるみがなく、靴の中で足が正しく動かせる靴であること。

降ったりやんだりが読めないことも増えましたからね、ブーツじゃなくて、足の甲が見えるようなパンプス仕様も今後はいいかもしれません。

夏は、スコールのような雨も多いので、サンダルもいいでしょう。

思い切って、足をマルっと出してしまうという手もありです^^

気候も、変化しますから、都度対応していきましょう。

足に合うレインを履いて、雨の日をストレスなく楽しみましょう。


歩くことは人間の基本の、一生の動作ですから、もし、雨の日の泥はねがあるなら、日常の歩行から見直すことをおすすめします。

長い目で見れば、いろいろなメリットが得られることは間違いありませんから。

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

オンライン相談室

オンラインストア

靴の試着会

くつ美整体トレーナー養成講座

テーピング&ウォーキングのグループレッスン
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「足が痛い!合う靴がない!O脚やむくみを改善したい!」
あなたのお悩みを解決するべく、原因をわかりやすく分析、今すぐできる対策をお伝えしています。

 

お名前(姓): (必須)
お名前(名): (必須)
メールアドレス: (必須)
足もとのお悩みを教えてください