捨て寸って何ですか?靴選びで必要ですか?|Q&A

捨て寸こんにちは。歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

 

いつも当サロンにお越しいただき、誠にありがとうございます。

先日お客さまからいただいたご質問をご紹介します。

捨て寸って何ですか?靴選びで必要ですか?

はい、捨て寸は、靴選びには絶対必要です。


そして捨て寸については、少し説明が必要になるかもしれません。

おそらく知らないという方がほとんどだと思います。

ただ、捨て寸というのは靴選びにおいてとても重要なポイント。

ぜひ覚えておいてください。

 

靴を履くと、つま先と靴の間にすき間、空間ができます。

靴の先端までは、足指は届いていないのです。

フィッティングのときに指で押して、つま先のところが空間になっているのを確認するといった経験のある方もいるでしょう。

この空間のことを捨て寸と呼びます。

なんで捨て寸が必要なの?

つま先と靴の間にできる空間、捨て寸。

そもそも、なぜ捨て寸が必要なのでしょうか?

空間があるというと、どちらかというと足に合っていないイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

でも、歩くということは、靴の中で足が変化し続けるということ

これは、なんとなく感覚的にわかるのではないでしょうか?


詳しく言えば、歩くたびに足の長さ、太さが変化しているのです。

荷重したらサイズは伸びますし、ワイズは広がります

空中に浮かせたらサイズは縮みますし、ワイズは細くなります

足が伸びるのだから、捨て寸はある意味「ゆとり」的に必要になるのです。


ワイズで足が止まらないとこの捨て寸に足が滑り込んで、足指が不自由になります。

世の細足さんたちが困っているのは、このあたりも関係しているわけです。


実際に捨て寸がまったくない靴を履いてみるとよくわかります。

足指がとても窮屈ですし、歩きにくくなります。
何よりも足を痛めてしまう可能性が出てきます。


例えば、伸縮性のないぴったりの服を着た時のことを思い浮かべてみましょう。

脱ぎ着するのも大変ですし、着た後も着ているだけで窮屈でしょうし、体も思い通りには動かしにくいはずです。

無理に動かすと、こすれて痛い思いをするかもしれません。

捨て寸がないとこれと同じような状態になってしまうのです。

余裕があるからこそ、快適になるわけです。

足の変化に追いつくために必要な靴の設計として捨て寸が必要なのです。

正しい捨て寸の測り方

では、捨て寸を正しく計るにはどうしたらいいのでしょうか?

捨て寸を正しく計ることは、木型が必要で難しいし、意味がありません。

まず、自分の足のサイズを正しく測るということを意識しましょう。

まずは基本、足長(サイズ)足囲(ワイズ)、足幅の3つを正しく測りましょう。

 ・足長は、踵の1番出ているところ~1番長い指先までの長さ
 ・足囲は、親指と小指の付け根にある骨の出っ張りをぐるっと囲ったウエスト
 ・足幅は、親指と小指の付け根にある骨の出っ張りの幅

自分で計ることもできるのですが、やはりお店で測ってもらったほうが確実です。

自分の足のサイズを正しく計ることができたら、そのサイズに合った靴を選びます。


靴は必ず試し履きをして、捨て寸のチェックをします。

まず、立ち姿勢で靴と踵に合わせ、捨て寸が確保できているか確認します。

目視では難しいので、足指を靴の中で上下に動かして確認しましょう。

 

次に、歩いている時にも捨て寸が確保できているのかも確認します。

歩いている時に足指が捨て寸に滑り込み、足指が靴の前に当たるようであれば、痛みが出てくるだけではなく、外反母趾などの原因にもなってしまいます。

立った時歩いている時、両方の捨て寸チェックを忘れないようにしましょう。

最適な捨て寸はどれくらい?

靴選びに欠かせない捨て寸。

一般的には、1cmから1.5cmほどの捨て寸が理想だと言われています。

捨て寸が足りているかどうかは、靴の中で足指を動かせるスペースがあること。

もしスクエア型の足なら3、4指がトゥの前に触れていないことで判断しましょう。

ただし、靴にはいろいろなデザインのものがありますから、捨て寸もいろいろ。

つま先のとんがったポインテッドやアーモンドは、当然捨て寸が長くなります。
捨て寸3cmなどの靴もあります。

靴のデザインや足のタイプによっても最適な捨て寸は異なってくる部分がありますので、専門家に相談するようにしましょう。

靴は結局、どこまで行っても足との相性が重要なのです。

まとめ

捨て寸とは、靴を履いた時につま先と靴の間にできる空間のこと。

捨て寸があるから、私たちは立てるし、歩けるのです。
捨て寸がなければ、靴の中での足の変化が許されないということですから。

靴によって、足によって、そして、季節によっても、最適な捨て寸は異なってきますので、自己判断ではなく、専門家に相談するようにしましょう。

足指がのびのびできている、ということが最大のポイントです。

 

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

体が整う靴の体験会

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

くつ美整体トレーナー養成講座

テーピング&ウォーキングのグループレッスン
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

お名前(姓): (必須)
お名前(名): (必須)
メールアドレス: (必須)
足もとのお悩みを教えてください