靴の踵に小さい穴があいてるんですが不良品でしょうか?|Q&A

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。


いつも当サロンにお越しいただき、誠にありがとうございます。

先日お客さまからいただいたご質問をご紹介します。

靴の踵に小さい穴が開いています。不良品なのでしょうか?

いいえ、その穴はキズではないので、不良品ではありません。

職人が靴をつくる時に、必ず発生する工程です。
ですから、逆に 靴職人の手作り靴の証拠 と言えるのです。

靴職人が1点1点、丁寧に手で作った高級な靴ということです。


こうやって木型と革を仮止めしておく時に、釘が打たれます。

靴の踵の穴


デザインや革の素材によっては、穴が目立たないものもあります。

そして中には、この穴を作らないように職人に指示するブランドもあります。

ただこれはいつもの仕事と違うので、職人はとても嫌がりますし、糸切れを起こすリスクもはらみますから、浸透していないのが現状ですね。


店頭では、この穴を活用して値札をつけていることも多いです。

それは、靴に余計なキズをつけないための知恵でもあるのです。

値札のためにあけた穴ではないのです^^;

穴がない靴もあるのですが、どうしてですか?

それは機械生産の靴だからですね。

生産ラインに乗せられて、靴を組み立てていく工程では穴が発生しないのです。

合皮靴には、ほぼこの穴は見当たりません。

値段に見合うように合理性を追求すると、機械生産になるからですね。


職人の手をかけてつくる本革の靴には、ほぼこの穴があるのです。


よい靴が欲しいなら、ぜひこの穴のある靴を探してみてくださいね。

きちんとした生産工程を踏んで作られた靴ですから、履き心地も期待できますよ。

 

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

体が整う靴の体験会

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

くつ美整体トレーナー養成講座

テーピング&ウォーキングのグループレッスン
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

お名前(姓): (必須)
お名前(名): (必須)
メールアドレス: (必須)
足もとのお悩みを教えてください