最近よくつまずく…考えられる原因と対策のまとめ

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。


このところ、靴の修理のご相談が増えています。

先日、靴の修理に関する記事をアップしたからでしょうか。

持ち込みも多く、皆さんが 履き続けた靴 を見ています。
他社さんの靴も多いです。


よい靴に、手を入れながら、履き続ける

ことは、とてもよい傾向です。

ただ、看過できない状態の靴も、たくさんあるのが現実です。

靴には、その人の歩き方、つまり、体の動かし方が刻まれているからです。

改善した方がよい悪いクセを、浮き彫りにしてくれるのも なのです。

最近よくつまずくと感じている方へ

例えば、つま先に穴が空いてしまった靴

これまで足に合う靴に出会えず、「ようやく歩きやすい靴に出会えた!」と喜んでいただいたお客さまの靴です。

3足揃えて、きちんと履きまわしをしていたいだています。
それでも3足とも、つま先に補修が必要な状態でした。

歩き方をチェックすると、

つま先があがっていない

ことが原因の1つであることが見えてきました。


つま先が上がらない歩き方をしていると、

  • 💬靴のつま先が削れる
  • 💬歩くと、ドンドンと大きな音がする
  • 💬何もないところで、つまずく
  • 💬階段で転びそうになる

こうした現象が起きてきます。

最悪の場合は、転倒して、骨折に至ることもあります。

この転倒→骨折は危険、というお話、どこかで聞いたことがありませんか?

高齢者に対する注意喚起とまったく同じ内容ですね。

厳しい言い方をしますと、よくつまずくということは、

高齢者と似た体の状態・体の使い方である

ということなのです。

若い女性のロコモティブシンドロームが増えているという調査結果も報告されています。

今からその状態では、年齢を重ねてからどうなってしまうのでしょう。


ですから、よくつまずきが起こるのであれば、

まず、その原因を把握して、
しっかりした対策を打つこと

が必要なのです。

よくつまずくときに考えられる原因

加齢によるもの

先ほどもお伝えしたように、高齢者の転倒防止は広く呼びかけられていますね。

転倒の主な原因は、ちょっとした段差でのつまずき です。
大きな運動によるものではありません。

筋肉量が減ったり、関節の稼動域が狭くなることは、自然なことです。

ただ、若い頃のイメージのまま歩いてしまうことで、

「つま先が思ったより上がっていなかった」

ために、つまずくということになるのです。

靴が合っていない

この加齢によるつまずきと同じ現象となるのが、

足に合わない靴を履いている時

です。

足に合わない靴は、足の動きについてきてくれません。

足は上がっていたのに、靴は上がっていなかった。
だからつまずいた、ということになってしまうのです。

または、足に合わない靴を、脱げないように、脱げないように、足が無意識に動いてしまうパターン。

いずれも、足の機能に問題がなくても、靴に邪魔されているという現象です。

ふくらはぎが硬い

そして、当店のお客さまにもっとも多い原因がこれでしょう。

ふくらはぎが硬いため、つま先が上がらず歩いている

というもの。
つま先を上げられず と言ったほうが適切かもしれません。

だから、つまずく。


人間は、ふくらはぎが硬いとつま先が上がらない仕組
になっています。

座っている時ではなく、立っている時のお話です。

フットカウンセリング時に、

「ふくらはぎが、硬いですね」

という指摘があった場合、それは、

「つま先を、上げて歩いていませんね」
「すり足で、歩いていますよ」
「むくみが強そうですね」

こうした課題がありそうだ、ということになります。

ふくらはぎを持っているのは、哺乳類でも唯一人間だけです。

二足歩行に進化する中で、人間が獲得した機能の1つです。
もう1つは、足裏のアーチと言われています。

いずれも、第二の心臓となって、血流を改善するべく発達したものです。

この動きを、ミルキング・アクションといいます。


そのふくらはぎが、硬い。

結果、ミルキング・アクションが起こらないから、血の巡りが悪くなっている。

それは、全身の血流がよくない、ということと同じ意味です。

ですから、若い人のつまずきは、思うよりも深刻な現象なのです。

靴と正しい歩き方でつまずきは改善する

つまずかない靴の選び方

足に合わない靴が、つまずきを招くことは前述の通りです。

逆に、足に合う靴ならつまずきにくい ということです。

足に合わない靴とは、足に対して大きすぎる靴とも言えますね。


小さいお子さまの靴選びにも通じます。

すぐに足が成長するからと、1cmも2cmも余裕のある靴を履かせてしまうと、転びやすくなりますね。


大人にとっての足に合う靴も、まったく同じです。

まず、サイズ選びは必須です。
そしてさらに、ワイズ選びも重要です。

ワイズは足囲とも言われ、足のウエストのような位置づけです。

当店のお客さまは、ほとんどがワイズの細いお足の持ち主。

よくつまずく人は、細足さんかもしれません。
一度専門店で計測をしてもらったほうがいいでしょう。

足にフィットしない靴は、体によいことをひとつもしてくれません。

足をサポートせず、むしろ悪影響しかありません。

正しい歩き方で柔軟なふくらはぎをつくる

そして、つま先をしっかりあげて歩く意識をしましょう。

ふくらはぎが柔らかければ、つま先は上がります。

もし、つま先が上がりにくければ、それは、ふくらはぎが硬いということ。

これは肩などと同じで、コリがあるということです。

ふくらはぎのコリは、しっかりもんで、ほぐしてあげましょう。


そして、ほぐれた柔らかいふくらはぎを維持する努力をしてください。

その方法はただ1つ。
正しい歩き方をすることしかありません。

歩くたびに、ふくらはぎを正しく使うことで、柔らかさをキープできるのです。

「正しく」と敢えて使ったのは、ふくらはぎの内でも、外でもない。
体の背面、脚裏を意識することが、「正しく」使うということだからです。

つま先をしっかり上げ、
踵から着地し、
脚裏を伸ばし、
足指で体を前に進める

この正しい歩き方で、ふくらはぎの筋肉を柔らかく保ってあげましょう。

まとめ

何もないところでつまずいてしまう

その原因と対策をお伝えしました。

足に合う靴を選ぶこと

そして、

つま先を上げて歩くこと

この2つが主な対策となります。

結局、靴選びと歩き方に集約される内容ですね。

残念なことですが、それほど皆さん、間違えているということなのです。


正しい靴の選び方と正しい歩き方については、若いうちに、一度しっかり学んでおいた方がよいと思います。

理論的に学び、自分で実践してみることが大切。

「いい話、聞いたな」

で終わらせないことが重要です。

もちろん、高齢者は高齢者の歩き方、というものがあります。

靴や歩き方に関する正しい知識を身に着けて、つまずきを改善しましょう。

 

ban01

ban02

 

 

歩きやすい靴のオーダーメイドからフットケアを始めます。
幅狭AAAA~幅広EEをご用意、痛くない!疲れない!靴で足裏から体を整えます。

パンプスクリニックサロン|アンド・ステディ人形町

女性専用・完全予約制 (月)定休
営業時間 平日:10~20時 土日祝:10~18時
東京都中央区日本橋人形町2-10-4 ENOXビル2階
ご予約・ご注文はこちらから

外反母趾の痛み、足裏のタコ、足のむくみ・だるさ、O脚、浮き指改善を目指して、日本橋・浜町・馬喰横山・東日本橋・新日本橋・秋葉原・北千住・東銀座・神楽坂・豊洲など東京23区、千代田区・港区・中央区・文京区・新宿区・目黒区・渋谷区・調布市など東京都内、神奈川県・千葉県・埼玉県など関東、ご遠方からもお越しいただいています。

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

体が整う靴の体験会

テーピング&ウォーキングのグループレッスン

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

メールアドレス: (必須)
姓: (必須)
名: (必須)
足もとのお悩みを教えてください