プライマリーステップ

ふくらはぎがだるい原因とすぐ始めるべき対策まとめ

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。


お客さまたちを悩ませる、お足のお悩み。

太ももよりも、多くいただくご相談、ふくらはぎ にフォーカスます。

  • 💬歩いていると、ふくらはぎがだるくなる
  • 💬しびれを感じるくらい、ふくらはぎが痛くなる
  • 💬ふくらはぎがいつも冷えていて、固い
  • 💬膝はくっつくけど、ふくらはぎが外に張っている
  • 💬ふくらはぎに疲れを感じやすい
  • 💬左右でふくらはぎの太さが違う
  • 💬脚やせしても、ふくらはぎだけは細くならない

表現はさまざまですが、取扱注意なパーツが、ふくらはぎ。

それは筋肉、脂肪、むくみが、入り混じっている場所だからです。

今回は、「ふくらはぎがだるい原因とすぐ始めるべき対策まとめ」をお伝えします。

ふくらはぎがだるくなる原因

ふくらはぎ痛い

ふくらはぎがだるいということ。

それは、認識レベル、重症度、表現方法の違いはありますが、

ふくらはぎのむくみ、疲れ、冷え、しびれ、痛みの問題

ということになります。

これらの感覚はすべて、同じふくらはぎ問題・原因。
だから、対策も基本的に同じということです。


今回は、「ふくらはぎがだるい」というワードで進めますね。

ふくらはぎをだるくする、代表的な原因をご紹介していきましょう。

下半身の血行不良=冷え

ふくらはぎのだるさの主な原因は、下半身の血の巡りにあります。
それはつまり、血流が悪いということ。

血流が悪ければ、新陳代謝が起こりにくいですね。

結果、疲れ成分である乳酸が分解できず、だるさとなって現れます。

人によっては、むくみ・冷えと認識する状態です。

歩き方の問題

この血の巡りの悪さに直結するのが、間違えた歩き方。

本来、足指~足裏~ふくらはぎ~太もも~股関節が連動して歩きます。

しかしながら、膝だけを使って歩いている人を多く見かけます。
これでは、ふくらはぎが動きません。

確実に、下半身の血流が悪くなっていく歩き方です。

ふくらはぎのだるさが続くなら診療を

あまりにもだるさが続く場合は、病気の可能性も否定できません。

まずは、対策を実施してみてください。

もし改善の兆しがない場合は、速やかに医療機関にご相談されてください。

意外と知らないふくらはぎの重要性

老廃物をしっかり流すミルキング・アクション

ミルキング・アクションで、体内のゴミ出しを行います

あまり知られていませんが、ふくらはぎを持つのは人間だけ。
サルにも牛にも豚にも、ふくらはぎはありません。

ここに、二足歩行の人間ならではの必要不可欠な機能が隠されています。

ふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれています。

強力なポンプ機能があり、つま先まで巡った血液を腎臓に戻す役割があるからです。

ふくらはぎの筋肉は静脈とタッグを組んで、全身の浄化作業を行っているのです。

図:ミルキング・アクション心臓というポンプから直接送り出される動脈と比較すると、静脈に勢いはありません。

特に足は、もっとも心臓から遠い場所。

しかも体の一番下で、大きな重力がかかっているにも関わらず、血液を下から上へ運ばなくてはなりません。

ここで静脈のポンプとなるのが、脚の中でも大きな筋肉のひとつであるふくらはぎ。

血管を両脇からしごいて、血管を動かして、静脈血を上へ、上へと運んでいるのです。

この動きが乳搾りに似ていることから、ミルキング・アクションと呼ばれています。

二足歩行の人間ならではの課題と解決策だと思いませんか?

四足の動物には、ふくらはぎは必要がないのです。


そして、静脈血とは、要らないもの、つまり、ゴミがたっぷり含まれている血液。

滞留すれば、老廃物や水分がじわっと組織に染み出ることになります。

これこそ、女性の大敵、むくみ。
そして、ふくらはぎがだるいと感じる要因そのもの

そのまま放置が続けば、むくみが脂肪に、さらにセルライトへ、と発展していくことになるのです。

  • 💬 夕方になると脚がむくむ
  • 💬足の指先が夏でも冷たい
  • 💬上半身は細いのに、脚だけ太い
  • 💬なんだか脚がだるい
  • 💬ふくらはぎがカチカチに硬い

これらはすべて、ミルキング・アクション低下の現象です。

つまり、ふくらはぎにたっぷりとゴミを溜め込んでいる状態ということ。

もちろん、ふくらはぎだけでなく、全身にも同様のはずです。
ふくらはぎは、より感じやすい、目立ちやすい部位ということです。

体内にゴミを溜め込んでいたら、健康な体を維持することは難しいでしょう。

ミルキング・アクションを起こして、日々、体のデトックスを行うこと。

これこそ、ふくらはぎのだるさ解消のための対策 なのです。

ふくらはぎがだるいときにすぐ始めるべき対策

ふくらはぎのだるさを軽減できる、効果的な対策を先に2つご紹介します。

これらは、どちらかと言えば対処療法。
ふくらはぎがだるくなってから実施する対策たちです。

ミルキング・アクションを、積極的に起こしてあげます。

解消法①「お風呂であたためる」

ふくらはぎのだるさを取り戻すために、まずできること。
それは「ふくらはぎを温める」ことです。

しっかりお湯につかりましょう。
湯船は、浮力・水圧・水温の働きで筋肉がほぐし、血液循環をよくします。

体を温めることは、代謝向上・免疫力向上となり、体にいいことばかり。

ふくらはぎのだるさ解消法としては、基本中の基本でしょう。

シャワー生活の皆さんは、これを機会にバスタイムを見直してみてください。

解消法②「ふくらはぎをマッサージする」

ミルキング・アクションを起こすには、ダイレクトに「ほぐす」方法もあります。

筋肉がほぐれれば、ふくらはぎはしっかり活動を始めてくれます。

そんなに強く、がっつり揉み解す必要はありません。
イタ気持ちいいかな?くらいの力加減がベストです。

足首からひざ裏に向かってさするだけでも、全然違います。

マッサージする際の注意点。
それは、硬すぎるふくらはぎの場合は、まず温めてから行うのが鉄則ということ。

冷えたままだと、筋肉を傷つけてしまう場合があります。

入浴とセットで考えていただくのがいいと思います。

根本的な改善は正しい体づくりから

こちらは、どちらかと言えば根本療法。

ふくらはぎがだるくなる前に、手を打ちます。

ミルキング・アクションを、積極的に起こすことは変わりません。

解消法③「ふくらはぎを動かして歩く」

きっとこれが一番、簡単です。

入浴法とマッサージは、ハードルが高いようで、よく「もっと簡単なふくらはぎのだるさ解消法ありませんか?」というご相談を受けます。

そんな都合のよい解消法があるわけないと思うかもしれませんが、、、

実はこれがあるのです。

「あります!足に合う靴を履いて、歩くだけです。」

これは簡単でしょう?
実はこれこそが、王道。

人間ならではの、とてもシンプルな解消法なのです。

たった10分歩くだけで、ふくらはぎのだるさが解消

サロンで行っている、靴の履き比べやフィッティング。

実は、10分歩くだけでも、皆さん、むくみが流れていくのです。
それはつまり、ふくらはぎのだるさが抜けていく、ということ。

それもそのはず。

ミルキング・アクションが、しっかり起こっているからです。

歩くだけで、体のゴミが回収される仕組が人間には備わっているのです。

足を整えると、ふくらはぎが動き、ミルキング・アクションが起こる

ふくらはぎのだるさを流す歩き方には、まず足から!というお話です。

そして、そんな足を作るサポートをしてくれるのが、靴。

やはり正しく歩く基礎は、靴にあり、なのです。

そしてこれが、脚やせの基礎にもなるものです。


足に合う靴を履いて歩くと、左右差がなくなることさえあります。
左右差の原因は、使いやすい脚と、使いにくい脚があるから。

手に利き手があるように、脚にも効き脚があるのです。

使いにくい脚は、動きが小さく、むくんでいるから、太いのです。

合う靴を履くと、自動的に動かされるので、左右揃ってしまうのです。

これはこれで、すごいことです。


ふくらはぎのだるさ解消法として、もっとも根本的な解消法は、

「足に合った靴を履くこと」
「正しい歩き方を身につけること」

この2つといことになるのです。

靴の見直しこそ、最善の対策

足に合う靴とは、ふくらはぎにミルキング・アクションを起こしてくれる靴。

それほど靴というのは、人間が歩く上で、重要な位置づけにあります。

あなたが、足指~足裏~ふくらはぎ~太もも~股関節までしっかり動かす、正常な歩行ができれば、ふくらはぎのだるさ、つまり、体の老廃物が流れて、解消するのは当たり前のことなのです。

まとめ

ふくらはぎのだるさに悩んでいる女性の皆さん。まずは、

今履いている靴が、本当に、自分の足に合っているのかな?

と一度見直してみてくださいね。


そして、だるさが慢性化しないよう、日々、デトックスを。
流れるうちが、華です。

生きている限り、呼吸し、日々、体の中にゴミは発生します。

溜まるゴミが、回収できる量を超えないことが大事。

ふくらはぎのだるさを解消する方法は、とてもシンプルです。

足と、脚を、正しく動かすだけですから。


ふくらはぎのだるさに目が行きがちですが、その原因にアプローチできるのは、やはり靴と歩き方なのです。

 

ban01

ban02

 

 

歩きやすい靴のオーダーメイドからフットケアを始めます。
幅狭AAAA~幅広EEをご用意、痛くない!疲れない!靴で足裏から体を整えます。

パンプスクリニックサロン|アンド・ステディ人形町

女性専用・完全予約制 (月)定休
営業時間 平日:10~20時 土日祝:10~18時
東京都中央区日本橋人形町2-10-4 ENOXビル2階
ご予約・ご注文はこちらから

外反母趾の痛み、足裏のタコ、足のむくみ・だるさ、O脚、浮き指改善を目指して、日本橋・浜町・馬喰横山・東日本橋・新日本橋・秋葉原・北千住・東銀座・神楽坂・豊洲など東京23区、千代田区・港区・中央区・文京区・新宿区・目黒区・渋谷区・調布市など東京都内、神奈川県・千葉県・埼玉県など関東、ご遠方からもお越しいただいています。

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

体が整う靴の体験会

テーピング&ウォーキングのグループレッスン

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

メールアドレス: (必須)
姓: (必須)
名: (必須)
足もとのお悩みを教えてください