プライマリーステップ

パンプスが脱げる原因とすぐにできる対策

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。


当店は、靴のオーダーメイドを承る女性専用のサロンです。

人形町のサロンでお足を拝見し、オーダーをいただきます。
そして、浅草の本社ファクトリーで職人さんがお仕立て。

お客さまたちは、皆さん、靴のお悩みがあってご来店されます。

その中でも、特に多いご相談が、パンプスが脱げるというもの。

  • 💬パンプスが脱げる。歩いても、階段を上っても、とにかく脱げるのです。
  • 💬靴の踵がいつも抜けます。歩くのがちょっと怖いくらい。
  • 💬パンプスの踵はいつもパカパカしています。それが普通と思ってました。

今回は、その原因と対策をお伝えします。

パンプスが脱げることで起こる問題

脱げるパンプスこれは、単純に、

歩きにくいこと

が最大の問題ではないでしょうか。

普通に歩きたくても、歩けないですよね。
パンプスが脱げるかも、、、と不安を抱えて歩いているわけなので。

  • 💬歩いていたら、パンプスが飛んでいってしまった!

そんなお客さまもいらっしゃいました。

本当に危ないことです。


さらに、脱げないように歩いていると自覚している人
そして、脱げないように無意識に歩いている人もいます。

無意識、というのが怖いところです。

街中では、脱げそうなパンプスをうまく履いて、歩いている方も見かけます。
ある意味、すごい技術です^^


そしてもう1つの問題は、

正しい歩き方ができないこと

が挙げられるでしょう。

パンプスが脱げないように歩くことは、おかしな歩き方に直結する

ということです。

足を動かすと脱げるので、つま先をあげなくなったり、すり足になったり。

足の方にも、当然、影響がでますね。
足指が上を向いたり、逆に、踏ん張ってハンマートゥになったり。

人によっては、靴が脱げないよう、無意識に内股になっていることも。

脱げるパンプスを履きかえることで、内股を解消したお客さまもいらっしゃいます。

パンプスが脱げる原因はなに?

それは、

足とパンプスがフィットしていないこと

これに尽きます。

足に対して、パンプスが大きすぎるということです。
パンプスのサイズはもちろん、ワイズにも注目してください。

パンプスという履物は、踵とワイズで留める履物です。
だから、よりシビアに、サイズ・ワイズを見る必要があるのです。


中には、足に靴が合うという正しい感覚が育っていない人もいます。

これまで、ゆるい靴ばかり履いてきた方に多いですね。
パンプスが足に合う、という感覚がわからないのです。

また、パンプスは、ピタッと履く必要のある履物です。

ところがこの、ピタッとした靴を履いた経験がない方も、とても多いのです。

市販の靴が合わないB以下の細足さんは、これに該当します。

これは購入時点で、足に合う靴を選べていない ということになりますね。

脱げるパンプスの悩みを解決するために必要なこと

脱げるパンプスをどうにかしたいなら、

まず、脱げるパンプスを購入しない!

ことから始める必要があるのです。

自分の身を守るため、脱げないパンプスに出会うため、選別眼を身につけましょう。

1.靴の特徴を理解する

ピンヒールまずパンプスという靴の特徴をしっかり理解しておくことが必要です。

パンプスという履物の最大の特徴は、甲がまるっと開いているということ。
踵とワイズで押さえて履く履物であるということです。

逆にローファーやおじ靴は、足を包み込んでくれる甲で履く履物です。

パンプスは調整も効きにくいのです、むくみの強い日は覚悟しましょう。


そして、調整機能の有無も靴の脱げる・脱げないに大きく関わります。

おじ靴のような紐付、パンプスでもストラップ付なら脱げにくいですよね。

ストラップもいろいろ種類がありますね。
おすすめは、ごく普通の甲を抑えるタイプのストラップです。

アンクルストラップ、バックストラップ、Tストラップ。

このあたりは足と靴の関係に、ほぼ作用してくれません。
気持ち効くかな~というレベルですね。


さらに、素材もとても大切です。

スエードは伸びる革代表です。
馴染みが早いですから、最初はよくてもすぐに脱げるパンプスになりかねません。

お好きな方は、とてもお好きです。

そして、エナメルは硬い革代表です。
慣らし履きは難しいですが、馴染むと長く履けることも多いです。

この当たりを考慮して素材を選びましょう。

無難なのは、やはりスムースです。


当店でオーダーいただく際は、これらのことすべてをお伝えします。

そして、1足目に限り、デザインと素材は一定の制限を設けています。
大切な1足目は、ある程度の条件をクリアした靴である必要がありますから。

靴に関わるメリット・デメリットを知っておくことは、とても大切です。

2.自分の中に明確な基準を持つ

足とパンプスは、相性です。

どんなに高価なパンプスでも、あなたの足に合わなければ、意味がありません。
むしろ、足を壊す凶器にさえなりかねません。

自分の足を守るためにも、靴ではなく、自分の足を知っておくこと
自分の中に、自分の足に合う靴の基準を明確にしておくこと

この基準を持っておくことが、とても大切になります。


そして、足に合う靴とはどうゆうものか。

自分分の体を使って体感し、感覚を育てることも、とても大切です。

今すぐできる脱げるパンプスを脱げないパンプスにする方法

購入時は、

1.失敗しない靴選びを実行する

お伝えした知識と、足に合うパンプスの履き感を知っていれば、大丈夫。
そこそこ合うパンプスが選べるでしょう。

足との相性はもちろん、靴のデザイン・素材などで総合的に判断してください。


購入してしまった後なら、

2.パンプスを調整して、足に合わせてあげること

現在の主流ですね。
インソールで調整してあげれば、踵は脱げにくくなります。

ただ、パンプスはサイズ感・ワイズ感、とてもシビアに見る履物でしたね。
ですから、限界はあるということです。

ワイズDのパンプスを、ワイズBの人が履けるくらいにはできます。
24cmのパンプスを、23.5cmの人が履けるくらいにはできます。

でも、EEEのパンプスを、Aの足に調整するのは難しいです。

せいぜい2ワイズ程度でしょうか。

靴が大きすぎると、インソールパーツを入れても入れても効きません。

ですから靴のご相談をいただいても、インソールを入れられる靴は5%もありません。

「入れてももったいない靴なので」と、お戻ししています。


ただ、このインソール調整、そんなに難しい技術は必要ありません。

100均などでも、豊富な種類が販売されています。
安価に試しながら、工夫次第で歩きやすくなります。

ポイントは、ワイズまわり土踏まずまわり

土踏まずに耐震マットを入れることで、前すべりを防止することもできます。


足が靴の中で動かないように感じる
足指が動くように感じる
パンプスが足をホールドしてくれるように感じる

このあたりの感覚を目指しましょう。

パーツを切っては入れて、履いて、歩いて。

自分の心地よいゾーンを探して、トライしてみてください。

感覚は自分だけのものですから、自分の心地よさを早くつかむことです。

3.足を改善して、パンプスに合わせやすくすること

あまり語られませんが、実はこちらの方が根本的な対策です。

パンプスは、まだまだ履きこなせませんよ、というお足は、とても多いのです。

脱げるパンプスの悩みを根本的に解決するには

歩く女性

これまでのお話で、

  • ・脱げるパンプスは、足と靴の相性が合わないことが原因
  • ・靴選びには、デザイン・素材選びと明確な選択基準を持つことが必要
  • ・仮に失敗しても、多少のギャップならインソールで調整することが可能

ご理解いただけたと思います。


次に、根本的な解決方法をご紹介します。

脱げないパンプスにする方法として、

3.足を改善して、パンプスに合わせやすくすること

これは、主役をパンプスから、自分の足にシフトさせることでもあります。

つまり、

強い足であれば、ある程度のパンプスは履きこなせる

ということなのです。


当社では、あるブランドの靴を担当しています。
ですから、毎シーズン、お披露目のコレクションに参加しています。

いつもすごいなと感心するのは、モデルさんの歩き方です。

モデルさん用ということで、25.5cm、26.5cmをオーダーいただくことが多いです。
でも中には、足の小さいモデルさんもいるのです。それはつまり、

24cmの足でも、25.5cmの靴を履いてランウェイを歩いているということ

サンダルの場合は、特によく見えるのですが、踵が1cm以上あまっています!

そんな靴のフィッティング状態にも関わらず、

「なんて美しく、歩いているのだろう・・・」

惚れ惚れする歩き方をしているのです。


でも、これは無理をしているのではありません。
無理なく履きこなせる足の強さに秘密があるのです。

普段から体を鍛えているモデルさんたち。

筋肉が、体だけではなく、足にもしっかりついているのです。

若い女性が10cmを超えるピンヒールを履けてしまうのも、同じ理由です。
若いということは、努力せずとも筋肉がついている、ということです^^

そして、自分の足さえ強ければ、履きこなせる靴の範囲も広がるのです。

ここを目指してがんばっているお客さまも、たくさんいらっしゃいます。


それでは、どうやったら足に筋肉がつくのか、ということですね。

足の筋肉とは、つまり、足のアーチということです。
このアーチを鍛える方法は、足指を動かすことしかありません。

それ以外に、足の裏を動かす術はないからです。
やっぱり結局、足指が大事、なのです。

そして、少し逆説的になりますが、、、

足に筋肉をつけるためには、足に合う靴が必要なのです。
足の骨格を整えてくれる、足に合う靴が。

足に合う靴とは、足指を動かせる靴。
だから履くだけで、足が自然と鍛えられていくのです。

これは、とても基本的で、重要な、私たちの体の仕組です。


筋肉のしっかりついた強い足になったら、、、

パンプスが脱げる問題もほぼ解消する と考えて大丈夫です。

まず、足に合う靴を選べるようになった時点で、勝ち!ですから^^

じっくりと、失敗しない靴選び、そして、足づくりをしてみてくださいね。

脱げるパンプスを卒業するのは、それほど難しいことではないのです。

 

ban01

ban02

 

 

歩きやすい靴のオーダーメイドからフットケアを始めます。
幅狭AAAA~幅広EEをご用意、痛くない!疲れない!靴で足裏から体を整えます。

パンプスクリニックサロン|アンド・ステディ人形町

女性専用・完全予約制 (月)定休
営業時間 平日:10~20時 土日祝:10~18時
東京都中央区日本橋人形町2-10-4 ENOXビル2階
ご予約・ご注文はこちらから

外反母趾の痛み、足裏のタコ、足のむくみ・だるさ、O脚、浮き指改善を目指して、日本橋・浜町・馬喰横山・東日本橋・新日本橋・秋葉原・北千住・東銀座・神楽坂・豊洲など東京23区、千代田区・港区・中央区・文京区・新宿区・目黒区・渋谷区・調布市など東京都内、神奈川県・千葉県・埼玉県など関東、ご遠方からもお越しいただいています。

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

体が整う靴の体験会

テーピング&ウォーキングのグループレッスン

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

メールアドレス: (必須)
姓: (必須)
名: (必須)
足もとのお悩みを教えてください