足のむくみを改善する方法は第二の心臓ふくらはぎを働かせる

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

最近ご来店いただくお客さまの1番多いお悩み、脚のむくみ・冷え

寒くなってきた、という外的要因も大きいでしょう。

体の基礎代謝も、日々の活動も落ちてくるのが冬です。
人間も動物、ある程度仕方がない側面があります。

夏は夏で、冷房が強いことが原因で、むくみのご相談がとても多いです。

いずれにしても、「脚」にとってみれば、

もうちょっと、動かしてください!むくみが流れませんよ!

という状態になっているということなのです。

足のむくみの原因と対策

二足歩行の人間は、どうしても足がむくむ動物

足・脚のむくみは、下半身の代謝不良で起こるものです。

動物で唯一、二足歩行である人間。

そんな人間しか持たない2つの機能が、足裏アーチとふくらはぎです。

物理的に下半身の血流を上半身に戻し、全身に巡らせるための機能といえます。

動脈のポンプが、心臓。
対して、静脈のポンプが、ふくらはぎ。

足は第二の心臓と言われる所以は、ふくらはぎにあるのです。

だから、ふくらはぎをしっかり動かすことこそ、むくみを流すこと。

ふくらはぎを動かして歩くのがベストです。

ただ、寒ければ、暑ければ、そうも行きません。

足のむくみを改善する方法

そんな時おすすめするのが、パーソナル美脚デザインに含まれている、東洋式レッグトリートメントという施術。

第二の心臓であるふくらはぎを、手技でしっかり動かし、ほぐします。

ふくらはぎのポンプ機能が働くと・・・

・むくみのもとである老廃物が上半身に流れる
・結果、全身の血の巡りが良くなる

汚れた静脈血がどんどん流れるので、体にとっては万々歳の状態となります。

むくみが流れるだけでなく、つま先から体が暖まります。

冷え性も一発で改善となる方もいらっしゃいます。

アンド・ステディからのアドバイス

この施術は、1回目は本当に痛いです。

それほど、皆さんのふくらはぎは硬いのです。でも、気づかない。

それほど、ふくらはぎを使って歩いていないのです。


フットカウンセリングのあと、軽くウォーキングします。

正しく歩くだけでも、むくみはある程度流れてしまいます。

むくみが流れたあと、ふくらはぎをしっかりとほぐしていきます。

東洋式手技がベースになっているので、即効性はすごいです。

「脚が細くなってる~!」

劇的な変化を遂げて、驚く方も多いです^^

効果も高く、お客さまたちの満足度もとても高い施術です。


むくみが気になる、冷え性が強い、そんな脚にはぜひお試しくださいね。

足の計測とテーピング、正しいウォーキングをしてから施術を行うので、高い改善効果を期待できます。

 

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

オンライン相談室

オンラインストア

靴の試着会

くつ美整体トレーナー養成講座

テーピング&ウォーキングのグループレッスン
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「足が痛い!合う靴がない!O脚やむくみを改善したい!」
あなたのお悩みを解決するべく、原因をわかりやすく分析、今すぐできる対策をお伝えしています。

 

お名前(姓): (必須)
お名前(名): (必須)
メールアドレス: (必須)
足もとのお悩みを教えてください