プライマリーステップ

こんにゃく足、アーチのない足、弱い足を改善する3つの方法

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

あなたのこんにゃく足も、きっと改善することができますよ。

「どうして3点アーチが大事なんですか?」

最近、ご質問をいただくことがとても多いです。

「どうして点なの?面で支えた方が面積広くて、足は楽になるんじゃないの?」

とか。
うん、確かに。

私も最初はそう思ってました。

人間だけが持つ足裏アーチの役割と仕組

どうして足の底にアーチがあるの?

でも、理屈を聞くと、 人間の体は本当にスゴイな~となるんですね。

実は、体重を分散させる構造、重力を一番受けにくい構造がアーチ構造なのです。

力学の世界では常識らしいのですが、文系なので存じず(笑)。

橋に使われる、強度の高いアーチ構造

例えば、橋。
渡り始めは上り坂、渡り終わりは下り坂になってます。

あれが、アーチ構造です。


アーチ構造になってない橋は、ものすごく揺れやすくて不安定です。
山奥のつり橋とか、誰かが揺らすと大騒ぎですよね。

アーチ構造はまったく別。
上から押せば押しただけ、強くなる構造なのです。

その構造が、体重を支える足裏に左右3本ずつついているのが人間です。

合計6つのアーチが、私たちの体の土台となっているのです。

すごいですよねー

体重を分散させつつ、クッションの役割もして、とても強い。

歩くたびに、アーチがポンプとなって、血流が起こるわけです。

足裏にアーチがないとどうなる?

もし、足裏がべったり地面についていたら・・・

血管が押し潰されて、血流が悪くなり、冷えやむくみが発生します。

実は、人間以外の動物に、足裏アーチはありません。
4本脚で歩くなら、アーチは要らないのです。

逆に、2本の脚で歩くなら、アーチは必須ということです。

二足歩行への進化の過程でできたのが、足裏アーチというわけです。


足裏アーチがなければ、、、

そもそも、二足歩行さえ叶わなかったかもしれません。

地面に接地する足裏の3点構造

高い強度のアーチが、片足3本ずつついている私たちの足。

この3点というのも大きなポイント。
三脚構造という安定した数なんですね。

椅子は4つ足が基本ですが、ちょっと段差があるとガタガタします。
でも、3つ足である三脚は、ちょっとバランスを取れば安定します。

どんな状態の地面を歩くかわからない、人間ならではの3点構造とも言えます。

これを、足裏の3点アーチ、と呼んでいます。

3点アーチとは、
 ① 踵と母趾球を結ぶライン
   「内アーチ」で、いわゆる土踏まず、崩れたら偏平足です。
 ② 踵と小趾球を結ぶライン
   「外アーチ」と呼んでます。
 ③ 母趾球と小趾球を結ぶライン
   「横アーチ」と呼んでます。崩れたら開張足です。

最近は、このアーチが崩れている方が多く、ゆえに、足トラブルが発生しやすくなっているという状況です。

横アーチの崩れが開張足で、つちふまずなない状態が偏平足です。
外アーチの崩れは外だおれと言ったりします。

要因は、主に靴と歩き方。
そして、最近多いのが、幼少期の運動不足。

さらに、日常の歩行不足の方も、増えてきています。

幼少期にしっかりアーチを作ることが大事

赤ちゃんの足には、アーチがありません。

本来、立つようになり、歩くようになり、アーチが自然に形成されていくはずなのですが、最近の子供たちは、歩かない、運動しない。

だから、

足裏アーチが形成されないまま大人になる子

が増えているんだそうです。

若い子の足を見る機会も多く、実感してます。

こうした弱い足を「こんにゃく足」と言います。

ちょっと力を加えただけで、グニャッと曲がり、たたまれていく印象です。
こんにゃく足は、靴もなかなか合いにくいことが多いです。

こんにゃく足ってどうゆう足?

こんにゃく足がどうしてよくないか、簡単に説明すると、

自分の体重を支える筋力が足にない
=だから、体重をかけると足が広がってしまう(幅広と思い込む原因)
本来行うべき機能、役割を果たすことができない(足指を使えない)
=筋肉のない弱い足になってしまう
=どんな靴を履いても痛みがでてしまう(パンプスなど履きこなせる足ではない)

よくないスパイラルにはまってしまう、ということです。

そんな足の持ち主が、どんどん増えていると実感しています。

子供の話だけではありません。

大人の私たちも、「慢性的な歩行不足」と認識したほうがいいです。
歩かないから、足はアーチがない状態となり、どんどん弱くなっています。

特に車移動ばかりしている方、要注意ですよ。

地方の方の足は、東京の方の足よりも、弱っているようにお見受けします。

こんにゃく足は自覚したら、一刻も早く改善に動きましょう。

100歳になっても、自分の足で歩くために。

こんにゃく足の改善方法

人間の体には、自然治癒力が備わっています。

ほんの少し、足を意識するだけで、みるみる良い足に変わってくれます。

テーピングケアを自分で行う

こんにゃく足は、そもそも足が正しい形をキープできないということです。

だから、テーピングの力を借りて、擬似的に正しい足裏アーチを作ってしまう。
すると、本来使うべき足指が使われるようになる。

テーピングケアは、そんな改善方法です。

特におおげさなトレーニングなどは必要ありません。

ただ、しっかり、正しく歩くだけ、です。


足裏タコに痛みが出ている方には、痛みケアとしても有効です。

横アーチが復活すれば、開張足も改善され、足裏のタコが薄くなっていきます。


ただ、生まれ持った足の筋肉の質によるこんにゃく足さんもいらっしゃいます。

こちらは1ヶ月の変化の度合いを見て判断しています。

足に合う靴に履きかえる

テーピングよりも矯正力が強いのが、靴。

靴は強力テーピングだと考えて、選びましょう。

そのためには、足に合う靴であることが第一条件です。
緩い靴、ゆったり靴、幅広靴では、なんの効果もでません。

靴の中で、擬似的に足のアーチを作る。

恐れずに、そんな横幅の狭い靴に履きかえることが大切です。

オーダーメイドインソールを入れる

自立できない足を、さらに強力にサポートしてくれるのがインソール。

足に合う靴とインソールはセットと考えていただいた方がいいでしょう。

インソールを入れるために、足に合う靴を選んでください。

こんにゃく足が改善されるまでに必要な時間

足指が動き、足を鍛え、足に筋肉がついていくことを目指します。
3ヶ月あれば、こんにゃく足も解消となることが多いです。

1週間で効果を感じる方もいらっしゃるほどです。


こんにゃく足、アーチのない足、靴が合わない足。

そのお悩み、足を鍛えることで解消できますよ。

まずは、フットカウンセリングからどうぞ。

しっかりした強い足に生まれ変わることは、きっとできます。

 

ban01

ban02

 

 

歩きやすい靴のオーダーメイドからフットケアを始めます。
幅狭AAAA~幅広EEをご用意、痛くない!疲れない!靴で足裏から体を整えます。

パンプスクリニックサロン|アンド・ステディ人形町

女性専用・完全予約制 (月)定休
営業時間 平日:10~20時 土日祝:10~18時
東京都中央区日本橋人形町2-10-4 ENOXビル2階
ご予約・ご注文はこちらから

外反母趾の痛み、足裏のタコ、足のむくみ・だるさ、O脚、浮き指改善を目指して、日本橋・浜町・馬喰横山・東日本橋・新日本橋・秋葉原・北千住・東銀座・神楽坂・豊洲など東京23区、千代田区・港区・中央区・文京区・新宿区・目黒区・渋谷区・調布市など東京都内、神奈川県・千葉県・埼玉県など関東、ご遠方からもお越しいただいています。

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

体が整う靴の体験会

テーピング&ウォーキングのグループレッスン

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

メールアドレス: (必須)
姓: (必須)
名: (必須)
足もとのお悩みを教えてください