ハンマートゥは、足に合う靴の履き替えで改善します

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。


ひどいハンマートゥのお客さま、たくさんいらっしゃいます。

浮き指になっている方。
さらに、ハンマートゥ、かつ、浮き指というダブルパンチのトラブルの方も。

ハンマートゥの原因と対策

ハンマートゥとは?

足指が、折れ曲がったままの状態になっていることです。

カギ趾(かぎゆび)という呼び方もあります。

比較的、足の指の長い人に多い症状だと思います。
足指の関節が靴に当たって、指の上が黒ずんだり、タコができていきます。

いずれにしても、足指を動かしづらい状況、ということです。

正しい歩行も叶いません。

ハンマートゥの原因

ハンマートゥに、どうしてなってしまうのでしょうか?

この原因は、主に靴にある、と言っていいと思います。

小さい靴でハンマートゥになってしまった

足指をダイレクトに圧迫してはいけません。

足のサイズよりも、小さい靴を履いていると、足指を犠牲にするしかありません。

小さい靴を履き続けると、足指が縮まり、ハンマートゥになってしまいます。

これは甲薄甲低幅狭細足さんのパターンです。
広いワイズを、サイズを縮めて解消しようとすると、こうなります。

本当は足のサイズ24cmなのに、23cmの靴を履いているということが起きます。

大きい靴でハンマートゥになってしまった

じゃあ逆に、大きい靴なら大丈夫か、というと・・・

そんなことはありません。

こちらは、靴の中で足の前すべりが起きますから、足指が圧迫されます。
むしろ、こちらの確率の方が高いかもしれません。

皆さん、大きい靴を履きすぎていますので。

体重が前へ、前へ行こうとするため、足指に大変な負担をかけてしまいます。

ハンマートゥを改善するために

ハンマートゥは立派な足の病気

ハンマートゥ自体は、足の病気としてあまり重要視されていません。

でも足に負担がかかっている結果の1つであることは、間違いありません。


ハンマートゥのまま、日常生活を後れていたとしても、

自分の足が、歩きにくい足になってきてる過程にある

と捉えていただいた方がいいかもしれません。

とにかく、足指を広げて、動かせる環境にしてあげてください。

ハンマートゥ改善策としての靴

ハンマートゥの改善を目指すには、やはり靴の履き替えが1番。
合わない靴が悪さをしてきた結果、と言えますね。

次に、インソール。

そして、テーピングケアと続きます。

あなたの靴、大きすぎませんか?
小さすぎませんか?

まずここからです。

そして、木型を選び、足に合う靴をオーダーメイドしたら、インソールです。

インソールもオーダーメイド。
足指が広がる、のびのびできるインソール設計をします。

次に、テーピングケアです。
とにかく足指の感覚を取り戻すには、テーピングでしょう。

ハンマートゥ改善には、靴の見直し。
次に、足の感覚を取り戻すことが必須、ということなのです。

まず、足の計測と今履いている靴のチェックから始めていきます。

 

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

体が整う靴の体験会

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

くつ美整体トレーナー養成講座

テーピング&ウォーキングのグループレッスン
アンド・ステディのエイジングケアサロン

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

お名前(姓): (必須)
お名前(名): (必須)
メールアドレス: (必須)
足もとのお悩みを教えてください