プライマリーステップ

左右違う靴を作る前に、歩き方の左右差をチェックしましょう

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

さて、先日お伝えした木型のお話。
お客さまたちは、とても興味を持っていただいたようです。

さすが、靴のセミプロの皆さまです^^

さて今日は、木型のことを、もう少し詳しくお伝えします。

当店の木型に対する方針をお話してまいります。

靴づくりの土台となる木型でここまでできる

靴をオーダーメイドいただく前に、こんなご相談をよく伺います。

Aさん「左足より、右足が太いんです」
Bさん「ワイズに比べて、踵が細いんです」
Cさん「外反母趾でアッパーのラインが痛いんです」

こうした足のお悩み、ありませんか?

安心してください。
この靴のお悩み、すべて解決できますよ!

な ぜ な ら

当店では、お足ごとに木型をカスタマイズしているからです。

それが、

木型の幅はり、という技術です。

サイズ・ワイズに合わせるだけでは物足りない木型

当店には、AAAA~EEの標準となる木型があります。

いろいろと気を使っていますが、パーフェクトではありません。

この木型をベースに、外反母趾や左右差対応して補正をかけるイメージです。

左より右が太ければ、木型の右足に幅はりをして、ゆとりを出す。
踵が小さい = ワイズが太いということだから、細い木型に幅はりをする。
外反母趾なら、母趾の脇に幅はりをして、スペースをつくってあげる。

サンプルシューズは、あくまでもベースとなる木型です。

試着で苦しくても、木型に補正をかけてあげれば大丈夫、ということがほとんど。

人ごとに、足ごとに、木型を変える、本物のオーダーメイドパンプス

と言っても過言ではありません。

靴メーカーだから、木型の補正ができる

この作業、簡単そうでですが、手間はかかります。

1足1足、職人さんにお願いしなくてはいけませんから。

「Aさんは右だけ幅はり、Bさんは両足幅はり、Cさんは親指に幅はり。
 ベースの木型は、皆さん、23cmのAAワイズでお願いします。」

こんな具合です。

これは当店が、浅草に本社とファクトリー機能を持つ靴メーカーだからできること。

ここまで手間をかけるから、履いた瞬間から、「歩きやすい!」と思っていただけるオーダーメイドの靴になってくれるのです。

履き心地の違いは、幅はりの手間の違い

と言ってもいいと思います。

左右の足のワイズが違ったら、歩き方をチェックする

ここでAさんと取り上げましょう。

Aさん「左足より、右足が太いんです」

そして、幅はりは右足だけにいれましたね。

でもこの判断は、Aさんの歩行をチェックしたからできたこと。

この左右差がどこから来ているか、考えた結果なのです。

Aさんの歩き方に、左右差はほぼなく、左右ほぼ等しく使えているということ。

だから、Aさんのお足は、もとから骨格の左右差があったと判断したのです。

歩行の左右差がある方は、むくみも左右差がありますし、太さも同様。

きちんと歩けていれば、足の左右差は埋まり、揃って、整っていくものなのです。
足は変化するもの、なのです。


歩き方のチェックをせず、補正をいれるのは、やはりちょっと危険に感じます。

左右の足のサイズが違ったら、木型も左右変えた方がいいの?

ここで新しく登場したDさん。

Dさん「左足は23cm、右足は23.5cm。左右で木型変えてもらえますか?」

こんなご相談もとても多いです。

でも、当店ではできるだけ、お受けしていません。なぜなら、

足のアーチが変化すれば、サイズも変化する可能性があること

そして、

一生、当店の靴だけを履くわけではないこと

からです。


足の変化について、アーチが上がれば、サイズは下がる可能性があります。

足が立体になるわけですから、足の長さも縮む方が多いです。

これは足の左右差ではなく、歩き方の左右差である、ということ。

だから、最初から左右で違う木型の靴にすることは、これからの足の変化を読んで、靴作りを行っていないように思えてしまうのです。


仮に左右違うサイズで製作しても、左23cm、右23.5cmの靴に体は慣れます。

人体の不思議、脳は心地よさを覚えて、左右同じ靴がもう気持ち悪くて履けなくなっていくのです。

知らなくてよい世界、とお話したりしています。


だから当店では、できるだけ、左右同じ木型で靴をお作りしています。

幅はりだけで、何とかなるケースが95%以上、ほとんどと言っていいでしょう。

木型幅はりの種類

それでは、幅はりの種類をご紹介しますね。

まず、幅はり。
2ミリ程度の厚い革を木型に貼り、ゆとりを作ること。

ワイズを緩めたり、左右差を調整することができます。


次に、深釣り。
アッパーのラインを深くして、関節が収まるようにすること。

でっぱった関節を収めるために必要な調整です。


曲がりの強い外反母趾の場合は、両方行いますね。

踵は細いままのことが多いですから、細い木型がベース。
幅はりして、外反母趾が収まるように深釣りします。

外反母趾の場合は、特に歩き方のクセもより見極める必要があります。

他にも色々な調整方法がありますが、ノウハウとなる部分もあるので、ここまでとさせていただきます。

木型の補正はお任せください

実は、この幅はりサービス、大々的には謳っていません。

でも、当店の強みのひとつだと思っています。
お客さまたちのお足を拝見して、出来たサービスですから。

靴を作ってからじゃ、遅いこと、たくさんあります。
調整の範囲が限られますから。

靴を作る時に調整してあげることがとても大切。


そして、靴だけでなく、やはり足と歩き方を見極めること。

骨格や筋肉の育ち方の補正。
左右差の解消。

靴が出来た時に出来ていると理想的ですね。

もちろん筋肉を育てて、左右差をなくしていくことも大切ですよ。

足の変化を予測して作られた靴は、やはり長く履けるものです。


足に合う靴づくりのための木型選び、補整には、足の計測から始めていただきます。

 

ban01

ban02

 

 

歩きやすい靴のオーダーメイドからフットケアを始めます。
幅狭AAAA~幅広EEをご用意、痛くない!疲れない!靴で足裏から体を整えます。

パンプスクリニックサロン|アンド・ステディ人形町

女性専用・完全予約制 (月)定休
営業時間 平日:10~20時 土日祝:10~18時
東京都中央区日本橋人形町2-10-4 ENOXビル2階
ご予約・ご注文はこちらから

外反母趾の痛み、足裏のタコ、足のむくみ・だるさ、O脚、浮き指改善を目指して、日本橋・浜町・馬喰横山・東日本橋・新日本橋・秋葉原・北千住・東銀座・神楽坂・豊洲など東京23区、千代田区・港区・中央区・文京区・新宿区・目黒区・渋谷区・調布市など東京都内、神奈川県・千葉県・埼玉県など関東、ご遠方からもお越しいただいています。

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2016年1月
« 12月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

メールアドレス: (必須)
姓: (必須)
名: (必須)
足もとのお悩みを教えてください