プライマリーステップ

足の変化が大きい3ヶ月間は、靴の中敷きの再調整は無料です

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

「先日調整したブーツが、片足だけゆるい、、、感じがする」

というお客さまからのご連絡が。

3ヶ月以内であれば何度でも調整しますので、お気軽にご相談くださいね。

靴の調整が必要になる理由

足に合う靴を履くと、ほとんどの方の足は細く、締まっていきます。

足は驚くほど、とても大きく変化するのです。

すると、ピッタリだった靴も合わなくなります。
ゆるいと感じるようになります。

ですから、3ヶ月間は様子見のため、調整を無料とさせていただいています。


歩きやすいから履きすぎて、革が伸びきってしまいました!

結構多くいただくご相談です。
合う靴から、ゆるい靴になってしまったというご相談です。

靴を毎日履くということは、靴は休まらず、靴の寿命を縮めているということ。

もとには戻りませんが、ある程度のフィット感は取り戻せます。

是非ご相談ください。

靴の調整が必要な要因①季節

夏と冬では、足の大きさは違います。

外気が乾燥していれば、私たちの体から水分がでて、足が小さくなります。

グッと寒くなって、カラカラに乾燥した本格的な冬が到来しました。

ですから、最初は足にあっていた靴がゆるい、ブカブカ、となることがあります。

逆もまた然りで、春夏と秋冬の切替時期はとても難しいです。

靴の調整が必要な要因②足の感覚の左右差

顔と同様、足にも左右差があります。

でもここで指摘したいのは、感覚の左右差です。

利き手と同じで、効き足があります。
そしてもう片方は、遊び足と呼びます。

この遊び足の方が、なかなか「合う」という感覚を得づらいのです。

足と靴は、合っているのに、合っていると感じられない。

なかなか手ごわい、調整の難敵となります。

感覚を育てていただくしかないのです。

ブーツは足にとって良い靴

ブーツは足にとって、とてもよい靴の1つです。

足と靴の接触する面積が大きい、革の量がたっぷりしている。

だから、足が安定するのです。
結果、歩き方も安定します。

秋冬はできるだけブーツを履いてお過ごしいただきたいくらいです。

だから実は、冬は脚やせに一番良い季節なのです。

サンダルの季節は、脚やせ、むずかしそうですよね?

冬の間にグングン脚を細くして、春になったらキレイな脚で街を闊歩できるよう、お手伝いさせていただきます。

足・靴・歩き方の仕組は、8日間で学べる無料メール講座でお伝えしています。

 

ban01

ban02

 

 

歩きやすい靴のオーダーメイドからフットケアを始めます。
幅狭AAAA~幅広EEをご用意、痛くない!疲れない!靴で足裏から体を整えます。

パンプスクリニックサロン|アンド・ステディ人形町

女性専用・完全予約制 (月)定休
営業時間 平日:10~20時 土日祝:10~18時
東京都中央区日本橋人形町2-10-4 ENOXビル2階
ご予約・ご注文はこちらから

外反母趾の痛み、足裏のタコ、足のむくみ・だるさ、O脚、浮き指改善を目指して、日本橋・浜町・馬喰横山・東日本橋・新日本橋・秋葉原・北千住・東銀座・神楽坂・豊洲など東京23区、千代田区・港区・中央区・文京区・新宿区・目黒区・渋谷区・調布市など東京都内、神奈川県・千葉県・埼玉県など関東、ご遠方からもお越しいただいています。

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2014年3月
« 4月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

メールアドレス: (必須)
姓: (必須)
名: (必須)
足もとのお悩みを教えてください