プライマリーステップ

外反母趾の手術が嫌なら足が楽な靴と歩き方を見直しましょう

こんにちは!歩きやすい靴のオーダーメイドから始める体づくり、小野崎です。

先週、数名のお客さまが提携店舗までお越しくださいました。

目的は、「オーダーメイドのパンプスをつくる」ことです。

当日は、足の採寸・触診から始まり、足に合わせた木型の調整をさせていただき、足トラブルへの対応方法もご説明しました。

ほとんどの方が、外反母趾だったのが印象に残りました。

3週間ほどで、足に合った靴が仕上がってきます。

外反母趾になる原因と予防法

ご相談いただいたお客さまたちには、共通点がありました。

それは、

ご自分のサイズよりも大きな靴を選んでいる

ということ。

本当は24.0センチなのに、24.5センチを履いていたり。
本当は22.5センチなのに、23.5センチを履いていたり。

といった具合です。

指摘すると、

「足が楽だから、大きめの靴を選んでいるの」

とおっしゃいます。

本当に、足が楽、なのでしょうか?
足が楽なのに、外反母趾になるのでしょうか?

その、足が楽、という感覚は正しくなくて、とても、とても危険なものなのです。

サイズが大きすぎる靴を履くとこうなる

自分の足のサイズより大きい靴を履くと、

・靴の中で足が前すべりを起こす

 →足の指が捨て寸(すてすん)に押し込まれる
 →足の指のタコ・魚の目を誘発する
 →ハンマートゥになってしまう
 →足指を使わず歩くことが日常になってしまう

・かかとがパカパカして、靴が脱げやすくなる

 →靴が脱げないように、足・脚の変な筋肉を使う
 →靴の中で、足が踊る、動く
 →足も、脚も、とっても疲れる
 →無意識に靴が脱げない歩き方が日常になってしまう

この足に合う靴がない、靴の踵が脱げる、足が疲れやすい、という過程を経て、外反母趾や内反小趾に発展していくのです。


もちろん、開張足にも確実になっています。
親指や小指を、靴の内側=革にぶつけ続けている状態になりますから。

毎日、靴を履いて、歩く。

5000回、10000回続けられるので、柔らかい足はひとたまりもありません。

外反母趾・内反小趾を進めているのは、まぎれもなく、ご自分の歩き方、なのです。

外反母趾も内反小趾も痛みがないからOK、ではない

外反母趾や内反小趾は、立派な足の病気です。

健康な足に戻すには、大変な手間とお金がかかるようになってしまいます。
下手したら、手術、ということにもなりかねません。

サイズの大きな靴を履いている方たちには、明らかに外反母趾・内反小趾の傾向が見られます。

痛みがないので、ご自分ではまだ意識していないことも、とても多いです。


でも、痛みがなければいいのでしょうか。

外反母趾・内反小趾傾向の歩き方なら、他の足トラブルも必ずでてきます。
痛みはなくとも、水面下で様々な足トラブルが進行しているということなのです。

外反母趾・内反小趾は、歩き方の結果、すべての足トラブルの結果、と言えます。
まさに最終段階。

足が楽な靴を履いて、脱げないように歩いて、外反母趾になってしまう。

そんな方たちが、本当に多いです。
とてももったいないです。

外反母趾の原因は、足に合わない靴と間違えた歩き方。

足に合う靴に履き替えることが、外反母趾の予防には必要なことなのです。

自分の足に合う靴の選び方

それでは、とても簡単な、正しい靴の選び方をご紹介します。

これはパンプスバージョンです。
外反母趾でも、パンプスマストの職場にお勤めの方はたくさんいらっしゃいます。

① 靴を履いて、つま先立ちしてみる
② 靴の中で指が動かせるか確認する

そして、3分ほど歩いてみたあと、

③ もう一度つま先立ちしてみる

以上。
とっても簡単ですよね。


つま先立ちして、 かかとがパカッと脱げてしまったらNG。
かかとに靴が着いてきたらOKです。

踵が脱げる = 靴の中で足が前すべりを起こしている

ということ。

①の時点で、踵が脱げたら、サイズが大きすぎるということ。

試し履きする必要もありません。


さらに、立っているだけでは足りません。

靴の目的は、歩く、こと。

歩いた時の足の状態と、靴のフィット感がとても重要になります。
歩いている時の足の状態は、この「背伸びする」ことで再現されます。

ですから、しっかり歩いて、③の時点で踵が脱げたら、やっぱり、

踵が脱げる = 靴の中で足が前すべりを起こしている

ということなのです。

簡単ですので、是非お試しくださいね。

そして、、、靴を選ぶ際、 両足ともに履く、これもぜひお願いします。
意外と、片足だけしか試さないという方も多いのです。


大きすぎる靴は、あなたの足にとって、よいことを1つもしてくれません。

そしてパンプスよりも、スニーカーの方が足によいことは、言うまでもありません。

外反母趾ならオーダーメイドインソールもおすすめ

外反母趾の痛みがすでにあるなら、インソールもいれた方がいいでしょう。

足裏バランスを整える、歩行矯正してくれる、いろいろな効果が謳われているインソールがありますので、お近くのお店でご相談されてもいいと思います。

足指が使えるインソールなら、足に筋肉がついて、痛みも出にくくなります。


すべては外反母趾が痛くなる前に、予防のため、おすすめしてきました。

靴と歩き方を見直して、外反母趾に悩まない快適な生活を手に入れてください。

 

ban01

ban02

 

 

歩きやすい靴のオーダーメイドからフットケアを始めます。
幅狭AAAA~幅広EEをご用意、痛くない!疲れない!靴で足裏から体を整えます。

パンプスクリニックサロン|アンド・ステディ人形町

女性専用・完全予約制 (月)定休
営業時間 平日:10~20時 土日祝:10~18時
東京都中央区日本橋人形町2-10-4 ENOXビル2階
ご予約・ご注文はこちらから

外反母趾の痛み、足裏のタコ、足のむくみ・だるさ、O脚、浮き指改善を目指して、日本橋・浜町・馬喰横山・東日本橋・新日本橋・秋葉原・北千住・東銀座・神楽坂・豊洲など東京23区、千代田区・港区・中央区・文京区・新宿区・目黒区・渋谷区・調布市など東京都内、神奈川県・千葉県・埼玉県など関東、ご遠方からもお越しいただいています。

関連記事

 

意外と知らない「足」のこと、「靴」のこと、「歩き方」のこと。足の測り方やよい靴の選び方などの基本的な知識から、業界の常識・非常識、最新コレクションのトレンドまで。いろいろなエッセンスを盛り込んでお伝えしています。

カテゴリー

カレンダー

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

5つの初回限定プランと価格

サイト内検索

幅狭靴のオーダーメイドから始めるフットケア アンド・ステディオンラインストア

&Steadyメールセミナーのご登録

もっと歩きたくなる足もとづくりの基礎講座

8日間で学べる無料メール講座をご用意しました。
「外反母趾とO脚があるけれど、どこから手をつけたらいいの?」
そんな貴女に、足トラブル別に原因をわかりやすく解説、今すぐできる対策をお伝えしています。
ぜひこの機会にご登録ください。

 

メールアドレス: (必須)
姓: (必須)
名: (必須)
足もとのお悩みを教えてください